防犯カメラ設置110番 トップページ > 最新情報・レポート > 防犯カメラ設置工事の流れ|効果的な取り付けには業者依頼がおすすめ

最新情報・レポート

防犯カメラ設置に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。

防犯カメラ設置工事の流れ|効果的な取り付けには業者依頼がおすすめ

防犯カメラを設置するときは、事前にカメラの種類や設置方法について知っておくことが重要です。防犯カメラは種類によって、機能性や価格などが大きく変わるからです。また、配線工事が必要なタイプを取り付けるのであれば、設置業者に依頼する必要も出てきます。

「どんなカメラを選べばよいのかわからない」「どうやって設置すればいいんだろう?」という方もいるでしょう。当記事では、防犯カメラの種類と設置までの流れをわかりやすくまとめています。防犯カメラを初めて設置される方は、ぜひ参考にしてください。

防犯カメラの設置なら防犯カメラ設置110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-953 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

防犯カメラ設置の流れ

防犯カメラをより効果的に設置するには、いくつかのポイントがあります。あわててカメラを購入してしまう前に、設置までの全体の流れとポイントを把握しておきましょう。

目的を明確にしよう

目的を明確にしよう

どういった目的で防犯カメラを設置したいのかによって、最適なカメラの種類が変わってきます。まずはなんのために防犯カメラを設置し、どのように活用していきたいのかを明確にしましょう。

防犯カメラを設置する目的はさまざまです。犯罪の現場を撮影して「証拠を残す」というのが代表的ですが、カメラがあることによって犯行を思いとどまらせる、「犯罪の抑止」にもなります。犯罪の現場をおさえたいのであれば確実に撮影、録画できる機能が必要ですが、抑止力を期待するのなら撮影機能のないダミーカメラでも十分に効果があるでしょう。

また、防犯カメラは犯罪にかかわる目的だけでなく、離れた場所を監視するためにも使われます。留守中のペットの状況を確認したり、出先から家族とコミュニケーションをとったりといった活用も可能です。このような目的で使用するなら、スマホなどで映像を確認できる機能や通話機能などがついたものが適切でしょう。

設置箇所を決めよう

カメラを設置する場所によっても、最適なカメラの種類は変わります。設置したい場所を想定することで、その環境にあったカメラが絞り込まれるのです。

防犯カメラには、屋外用のものと屋内用のものとがあります。屋外用のものには防水性や防塵性(ぼうじんせい/ちり、ほこりの侵入を防止する機能)があるものが多く、より性能の高いものは雨風にさらされるような場所にも設置することが可能です。

屋内用のものには雨風に耐える機能があまりありませんので、屋外に設置すると故障するおそれがあります。また、屋内と屋外では明るさが大きく変わるため、屋外に設置するカメラが室内用のものではうまく撮影できないこともあるのです。

また、設置場所を決めるときにはケーブルの配線にも配慮する必要があります。カメラを設置するには録画・再生機器や電源を接続するケーブルが必要ですので、その配線をつなぐことが可能かどうか確認しましょう。ケーブルの配線が難しいときには、無線でつなぐことができるタイプのものを選ぶ方法もあります。

必要な機能を考えよう

基本的な撮影、録画といった機能のほかに、便利な機能を搭載した防犯カメラもあります。機種によっていろいろな機能があるので、迷ってしまうこともあるでしょう。自分の目的に照らして、どのような機能があればより便利かをよく吟味し、優先順位をつけるなどしておくと選ぶ際の役に立つはずです。

防犯カメラのいろいろな機能や選び方については、この後の「防犯カメラ選びのポイント」で解説します。

設置工事をしよう

ワイヤレスタイプの防犯カメラなどは、自分で簡単に取り付けられるものもあります。設置の際には撮影対象が確実に映り、死角などがないよう設置位置やアングルを調整することも大切です。

ケーブルをつなぐ配線工事が必要な場合、電気工事士などの資格がなければできないこともあります。防犯カメラを設置してくれる業者がありますので、そこへ依頼するのがおすすめです。技術をもった業者であれば細かなアングルの調整などもできますので、失敗なく設置することができます。

弊社では、防犯カメラ設置の業者を無料でご紹介することができます。防犯カメラ設置をお考えの際には、ぜひ一度ご相談ください。

防犯カメラの設置なら防犯カメラ設置110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-953 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

防犯カメラ選びのポイント

防犯カメラにもさまざまな種類があり、目的や環境によって最適な機種は変わってきます。最適なカメラをみつけるためにどのような点に着目すればよいのか、そのポイントをみていきましょう。

カメラの種類で選ぶ

カメラの種類で選ぶ

防犯カメラには、有線タイプと無線タイプがあります。有線タイプはデータの通信が安定して画質がよいというメリットがあり、人の顔や車のナンバーなどを確実に記録したいという場合に適しています。無線タイプは配線が難しい場所の監視に役立つでしょう。

カメラのデザインには、無骨で目立ちやすい「ボックス型」、スタイリッシュな「ドーム型」などがあります。犯罪の抑止力として設置したいのであれば、不審者に存在をアピールできるボックス型がおすすめです。屋内で監視用に使うのなら、圧迫感のないドーム型が適しているでしょう。

再生方法で選ぶ

撮影した映像を再生する方式には、カメラとは別の専用モニターで見る、カメラに一体化されているモニターで見る、スマホやパソコンなどで見るといった種類があります。専用モニターやカメラ自体のモニターを使うタイプは、その場にいなければ映像を見られません。

外出先で自宅の様子をリアルタイムに確認したいような場合には、スマホなどで見られるタイプがおすすめです。スマホで再生できるものには、Wi-Fi機能のついたワイヤレスカメラやネットワークカメラなどがあります。

録画方法で選ぶ

映像の録画方式にも、いくつかの種類があります。近年よく採用されている代表的なものは「SDカード」「HDD」「SSD」「クラウド」です。

SDカードはコンパクトでカメラに内蔵することができ、録画・再生機能を一体化したタイプのカメラに使われることが多いです。記憶容量が小さく、こまめに交換が必要なのがデメリットでしょう。

HDD(ハードディスクドライブ)は記憶容量が大きく、映像を長時間保存できるメリットがあります。一方で衝撃に弱く、データが破損するリスクもあるので注意が必要です。

SSD(ソリッドステートドライブ)はHDDに比べて衝撃に強く、動作も速く安定しています。記憶容量はHDDよりは少なく、価格が高めなのがデメリットといえるでしょう。

クラウドはインターネット上に映像を保存する方法です。記憶容量は多く、再生機器があればインターネットを通じてどこでも再生が可能です。録画機器が必要ないので初期費用は抑えられます。ただしインターネットの環境が必要で、通信が途切れると録画ができないことや通信費用がかかる点も考慮しましょう。

録画方式には、それぞれに一長一短があります。手軽に運用したいのならSDカード、映像を長く保存したいのならHDD、データを高速にやり取りしたいのならSSD、外出先などで映像を確認したいのならクラウドがおすすめです。

便利機能で選ぶ

「便利な機能が搭載されているかどうか」で、カメラを選ぶのもよいでしょう。遠隔からアングルやズームを操作できるものや通話機能のついたものは、離れた場所にいる人とコミュニケーションをとるのに便利です。

夜間でも撮影できる赤外線機能、逆光などの影を自動で補正してくれる機能のついたものは、より鮮明に状況を記録するのに役立ちます。

人や動物の動きを検知して、動きがあったときのみ撮影を開始する動体検知機能は、保存容量やチェックする時間の節約になるでしょう。動くものを自動で追尾するものや、作動時にメールで通知してくれるものもあります。

多種多様な機能をもった防犯カメラがありますので、目的や運用方法をはっきりとさせ、いくつもの機種を比較検討することが大切です。選択肢が多すぎて選びきれないという場合は、防犯カメラ設置の業者に相談してみるというのもひとつの方法です。

防犯カメラにくわしい業者であれば、最適なカメラをアドバイスしてくれるかもしれません。弊社にお任せいただければ、すぐに優良な業者選びのお手伝いをさせていただきます。

防犯カメラの設置なら防犯カメラ設置110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-953 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

防犯カメラ設置は業者に相談がおすすめ!

防犯カメラの設置は慣れない素人がDIYでおこなうよりも、知識や経験の豊富な業者に頼んだほうがより確実な設置ができます。「設置に失敗したくない」「自分で上手に設置できる自信がない」という方は、まず業者に相談するのがおすすめです。ここでは、防犯カメラ設置に業者を利用するメリットや、費用について解説します。

防犯カメラ設置業者のメリット

防犯カメラ設置業者のメリット

多くの住宅や店舗などで防犯カメラ設置の施工をおこなっている実績のある業者は、防犯カメラの効果的な設置方法や目的に応じた最適な機種を熟知しているでしょう。そのような業者に相談すれば、経験をもとにしたアドバイスをしてくれるはずです。事前に現地調査をおこない、設置場所や台数を提案してくれるところもあります。

業者によっては、製品に対する保証のほかに施工保証も用意しているところがあります。台風や落雷などによる故障の際には、無料で修理してもらえる場合もあるのです。屋外に設置することも多い防犯カメラは壊れやすいので、保証があると非常に安心して設置ができます。

また、定期的な点検などのアフターフォローがある業者もあります。このようなサービスが整っている業者を選ぶことも、失敗しない防犯カメラ設置のポイントです。

防犯カメラ設置業者の費用相場

防犯カメラを設置する費用はカメラの機種や台数によって変わりますが、10万円~30万円程度が相場です。内訳は、「カメラ本体」+「録画・再生機器」+「工事費」です。

カメラ本体は1台につき2万円~10万円程度であることが多く、屋外用のものは高価な傾向にあります。設置する台数分の代金がかかりますが、複数設置する場合は1台あたりの価格が割安になることもあるようです。録画・再生機器は2万円から15万円程度が相場でしょう。

工事費には作業員の人件費や取り付けに使う材料費、現場まで機材を運搬する出張費などが含まれます。設置場所が高所などの難易度の高い場所だった場合、作業費が高くなることがあります。

設定されている料金は業者によって違うので、事前に見積りをとって詳細な費用を確認して業者を選ぶのがよいでしょう。複数の業者から見積りをとって比較するのも、費用をできるだけ抑えるためのおすすめの方法です。

業者選びは弊社にお任せください!

業者によって料金やサービス内容は違うので、適正な費用で確実に防犯カメラを設置するには、業者選びが非常に重要です。しかし業者はたくさんありますので、ひとつひとつを調べて見積りをとり、比較検討していくのはとても大変です。

そこで、弊社が業者選びのお手伝いをします。弊社には多くの防犯カメラ設置業者が加盟していますので、ご要望を聞かせていただけばぴったりの業者をご紹介することが可能です。

弊社の加盟業者では、事前に現地調査をおこなって詳細な見積りを提案します。調査や見積りは無料ですし、キャンセル料なども発生しません。ご相談やご紹介ももちろん無料ですので、防犯カメラ設置を検討している方はぜひお気軽にご相談ください。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】

防犯カメラの設置なら防犯カメラ設置110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-953 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
0120-949-953 0120-558-537

利用規約 プライバシーポリシー

防犯カメラ設置110番のサービス料金
  • 防犯カメラ設置プラン

    89,800円〜

    詳しくみる
  • オーダープラン

    無料お見積り

    詳しくみる
  • 無料現地調査を行います
※対応エリア加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。