防犯カメラ設置110番 トップページ > 最新情報・レポート > 工場に監視カメラシステムを導入するメリット!生産性を上げる活用法

最新情報・レポート

防犯カメラ設置に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。

工場に監視カメラシステムを導入するメリット!生産性を上げる活用法

工場に監視カメラを導入することには、生産性の向上につながるメリットがたくさんあり、上手に運用すれば十分な費用対効果が見込めます。監視カメラで作業員の勤怠や作業内容を管理することで作業工程を改善し、効率化していくことができるのです。それだけでなく、作業員の安全管理、製品の品質や在庫管理の面でも監視カメラは役に立ちます。

このコラムでは、工場での監視カメラの効果的な運用方法や注意点、導入までの流れを解説します。より効果的に監視カメラを運用するための参考にご活用ください。

工場での監視カメラ活用法はこんなにもある!

監視カメラは、使い方次第でさまざまなことに活用できます。一般に工場において監視カメラはどのように活用されているのかをご紹介しますので、実際に導入する前の参考にしてみてください。

従業員を管理する

従業員を管理する

工場に監視カメラを設置して従業員の仕事ぶりを撮影することで、勤怠を管理したり不正を防止したりすることができます。作業員ひとりひとりの小さな怠慢を改善するだけでも、全体の生産性は十分に向上するでしょう。

管理者が見回らなくても離れた場所の状況を簡単に確認できますし、24時間稼働している工場では夜間の様子を記録しておくことも可能です。このように監視カメラを設置すれば作業員を管理する手間が大幅に省け、管理者にかかる人件費などを削減することもできます。

ラインなどの作業を効率化する

作業員の不正や怠慢を防ぐだけでなく、業務をより効率化することにも監視カメラは役立ちます。製造ラインの作業員の手元を映して動作をチェックしたり、全体を映して作業動線を把握したりといったことができます。作業員の普段の業務をつぶさに観察することで、業務における無駄な動きを見つけて改善策を考えることができるでしょう。

また、個々の作業員の技術レベルを査定することにも役立ちます。遠隔からコミュニケーションをとれる機能のついたカメラを使えば、離れた場所にいる作業員に業務指導をしていくこともできるのです。作業効率を改善して作業員の技術レベルを上げれば、製造ラインの生産性はおのずと上がることでしょう。

製品の品質を保つ

とくに食品をあつかう工場などでは、製品の品質がなにより重要です。管理者や作業員がどれだけ気をつけていても、異物混入などの事故が発生するおそれは常にあります。異物混入は企業にとって致命的な損害をもたらします。

製造ラインの製品を監視カメラで撮影することで、何重にも製品をチェックすることが可能です。賞味期限を読み取ったり、異物を検知できたりといった高性能なカメラも非常に効果的です。

また、もしも異物混入が起こってしまったときに撮影した記録が残っていれば、どの時点で混入したのかなどの原因を究明していくことができます。原因がわかれば、今後の再発を防ぐ改善策を講じることができるでしょう。そのように製品の品質を保つ体制を整えることで、発生するかもしれない大きな損失を未然に防ぐことができます。

工場内の安全を守る

工場では、不注意や機器の故障によってケガなどの事故が起こるおそれがあります。大きな事故が発生すれば、従業員や顧客の信頼を失うことになりかねません。危険な箇所に監視カメラとモニターを設置すれば、各々が安全確認を徹底できます。また、事故が発生した際の原因究明や防止対策を検討することにも役立つのです。

工場の出入り口や搬入口にカメラを設置すれば、人や車の出入りを管理することもできます。部外者の侵入を防いで従業員の安全を守り、盗難などの被害も防ぐことができるのです。欠かせない財産である従業員や製品、資材を守ることは、企業の利益に直結するでしょう。

このように工場に監視カメラを設置することには多くのメリットがあります。あまりに多種多様な活用方法があるので、どのように運用しようか迷ってしまうこともあるでしょう。

そのようなときには、防犯カメラ設置業者に相談してみるのもひとつの方法です。防犯カメラ設置業者は、企業向けに施工をしているところもたくさんあります。相談してみると過去に施工した経験やノウハウをもとに、運用方法についてもアドバイスをもらえるかもしれません。

防犯カメラの設置なら防犯カメラ設置110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-953 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

プライバシー侵害にならないために!監視カメラ導入時の注意点

監視カメラには多くのメリットがありますが、監視されるほうの作業員はプライバシーを侵害されたと感じることがあるかもしれません。ストレスを感じた従業員が辞めてしまったり、訴訟問題に発展したりというおそれもあります。従業員とのトラブルが発生するおそれがあることは、監視カメラ導入にあたっての大きなデメリットになるでしょう。

工場に監視カメラを導入するのであれば、撮影される作業員の気持ちにも配慮する必要があります。働く作業員を撮影することは、個人情報保護法なども絡む非常にデリケートな問題です。正しい知識をもった上で導入、運用していかなければなりません。従業員とのトラブルを避けるための注意点を確認しておきましょう。

ガイドラインを確認しよう

ガイドラインを確認しよう

監視カメラを運用する事業者に必要とされる個人情報の取り扱いに関する知識について、経済産業省では「カメラ画像利活用ガイドブック」を策定しています。また、各自治体でも監視カメラの運用に関するガイドラインを公表しているところがありますので、あらかじめ確認しておきましょう。

顔などが鮮明に映り、個人を特定できる映像は、法的に保護されるべき個人情報にあたります。不正に利用すれば罰則がありますし、従業員とのトラブルを避けるためにも、ガイドラインに従った運用をしましょう。ガイドラインでは、たとえば以下のようなことを定めた運用を推奨しています。

  • 監視カメラの設置を撮影対象者に通知すること。
  • 設置目的やデータの利用目的を定め、範囲を超えた利用をしないこと。
  • 撮影する範囲は必要最小限にとどめ、プライバシーに配慮すること。
  • 撮影した個人情報は外部に漏らさないこと。
  • データの管理責任者を定め、厳重に管理すること。
  • データの保存期間や保管方法、廃棄方法を定めること。
  • 運用に関する社内規定を定め、遵守、監査すること。

従業員に承諾を得よう

ガイドラインでは監視カメラに映るであろう人に対して、撮影していることや設置の目的などを通知する必要があるとしています。撮影する目的を明確に説明すれば、従業員のストレスも少なくなるでしょう。事前にその旨を知らせ、承諾を得ておくことでトラブルを回避することにもなります。

通知はポスターを貼り出したり、メールや書面を配布したりといった方法があります。撮影対象になるすべての従業員が確認できるよう、確実でわかりやすい方法を選びましょう。従業員に通知するべき内容は、以下のようなことです。

  • 撮影する内容と利用目的。
  • 従業員にとってのメリット、デメリット。
  • カメラの設置位置、台数、撮影範囲。
  • データの管理方法。
  • 管理責任者の氏名と連絡先。

設置場所を配慮しよう

監視カメラを設置する場所は、設置する目的に則した必要最小限の範囲にとどめる必要があります。たとえばトイレや休憩室などのプライベートな空間に設置することは、業務の範囲を超えているでしょう。従業員は常に監視されているストレスや会社から信用されていないような不安感を感じ、逆に従業員の士気が下がってしまうおそれもあります。

実際に撮影範囲に入っていなくても、トイレなどの近くにカメラがあると不快に感じる人もいるでしょう。実際にそこで働く従業員の気持ちを考慮して、設置場所を選定することが大切です。

最適な設置場所を選定し、アングルなどの微妙な調節するのには、監視カメラに関する知識や技術が必要になるでしょう。豊富な施工実績のある設置業者に相談することで、より失敗のない導入が可能になるはずです。

防犯カメラの設置なら防犯カメラ設置110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-953 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

工場に監視カメラを導入するまでの流れ

実際に監視カメラを導入するまでには、いろいろな準備が必要です。設置の流れや費用を把握して、スムーズな導入ができるようにしておきましょう。

目的によってカメラの種類を決めよう

目的によってカメラの種類を決めよう

監視カメラにもいろいろな種類があり、設置する目的によってどんなものが適しているのかは変わってきます。屋外に設置するのであれば、防水機能や夜間でも撮影できる赤外線機能のついたものがよいでしょう。離れた場所でリアルタイムの状況を確認したいのなら、Wi-Fiなどで通信ができるネットワークカメラなどが最適です。

製品の状態や作業員の手元を鮮明に撮影したいのであれば、画質のよいカメラや拡大機能のついたカメラがおすすめです。個人を識別できる顔認証や、動くものに反応して撮影したり追跡したりできる動体検知機能などのあるカメラは、セキュリティを高めるために大いに役立つでしょう。

このように、多種多様な機能をもった監視カメラがあります。目的に照らしてどのような機能が必要なのかを明確にし、さまざまなものを比較検討してみるのがよいでしょう。

設置場所と台数を決めよう

設置の費用を抑えるためには、カメラの台数はできるだけ少ないほうがよいです。もっとも効率よく必要な情報を得られる設置場所を選びましょう。工場で監視カメラを設置することが多いのは、製造ライン、倉庫、出入り口、搬入口、駐車場、事務所などです。

設置工事は業者依頼がおすすめ

機種によっては自分で設置できるようなカメラもありますが、より確実に設置するのなら防犯カメラ設置業者に依頼するのがおすすめです。企業での施工に対応している業者では、現地調査やヒアリングの上、最適なカメラの機種や設置場所を総合的にアドバイスしてくれるところもあります。

業者に監視カメラを設置してもらう場合、カメラ1台につき10万円~30万円程度が相場です。カメラの台数が多くなると1台あたりの価格は割安になることもありますが、高性能なカメラはもっと高くなることもあります。費用は状況によって大きく変わりますので、一度業者に相談して見積りを作成してもらうのがよいでしょう。

業者選びは弊社にご相談ください

監視カメラを設置する費用は、依頼する業者によっても差があります。また、現地調査やアフターフォローなどのサービス内容も業者によって違いますので、よりよい業者を選ぶことが大切です。

しかし、多くの業者のなかからよい業者をみきわめるのは難しく、業者探しに費やしている時間がないということもあるでしょう。そんなときには、ぜひ弊社をご利用ください。弊社では企業向けに監視カメラの設置をおこなっている業者を無料でご紹介しています。現地調査や見積りは無料でおこなっていますので、ぜひお気軽にご相談ください。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】

防犯カメラの設置なら防犯カメラ設置110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-953 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
0120-949-953 0120-558-537

利用規約 プライバシーポリシー

防犯カメラ設置110番のサービス料金
  • 防犯カメラ設置プラン

    89,800円〜

    詳しくみる
  • オーダープラン

    無料お見積り

    詳しくみる
  • 無料現地調査を行います
※対応エリア加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。