防犯カメラ設置110番 トップページ > 最新情報・レポート > 防犯カメラにWi-Fiタイプを選ぶメリットと注意点!選び方のコツ

最新情報・レポート

防犯カメラ設置に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。

防犯カメラにWi-Fiタイプを選ぶメリットと注意点!選び方のコツ

設置が簡単で高機能な防犯カメラなら、Wi-Fiタイプがおすすめです。Wi-Fi機能がついた防犯カメラは配線工事なしでも設置ができるものや、撮影した映像をスマホで確認できるものなどがあり、とても便利です。

ただし、録画が不安定になるなどのデメリットもあります。Wi-Fiタイプの防犯カメラを設置するならまずは自分の目的や環境を確認し、設置に適しているのかを判断しましょう。

このコラムでは、Wi-Fiタイプの防犯カメラのメリットや注意点、防犯カメラの選び方や設置方法を解説します。これを参考にすればピッタリの防犯カメラが見つけられます。

防犯カメラの設置なら防犯カメラ設置110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-953 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

防犯カメラにWi-Fiタイプがおすすめなのはこんな人

防犯カメラにもさまざまなタイプがあり、それぞれに優れた点があります。Wi-Fiタイプがよさそうな気がするものの、それが自分にとって最適なのか迷ってしまうという人もいるでしょう。そこで、とくにどんな人にWi-Fiタイプの防犯カメラがおすすめなのかを解説します。

出先で映像を見たい

出先で映像を見たい

有線タイプの防犯カメラは、撮影した映像を接続した専用のモニターやテレビでしか再生できないことが多いです。それに対してWi-Fiタイプの防犯カメラでは、インターネットを利用してスマホやパソコンで映像を見ることができます。

自分が持ち歩いているスマホで電波の届く所ならどこからでも映像を確認できるほか、複数の端末で同時に見られるものもあるのです。留守中の自宅を出先から監視したいといった人には、Wi-Fiタイプがおすすめです。

離れた場所に設置したい

駐車場や物置、畑や店舗など自宅から離れた場所の様子が心配だという人にも、Wi-Fiタイプはおすすめです。Wi-Fiタイプは、カメラと再生機器をつなぐコードが必要ありません。物理的に配線をつなぐことが難しい場所や、工事費用が高額になってしまうような場所でも、Wi-Fiタイプなら簡単に設置が可能なのです。

場所を変更するかもしれない

工事が必要な防犯カメラは、後の移動が難しくなります。設置してから死角があるのに気付いたり、改装をしたりして移動する必要が生じたときには、また工事をしなければなりません。

ほかの防犯カメラよりも設置が簡単なWi-Fiタイプの防犯カメラは、移動も比較的簡単にできます。とりあえず設置してみて具合を確かめたいといった人は、手始めにWi-Fiタイプを選ぶのがよいでしょう。

ここで挙げたようなメリットは、すべてのWi-Fiタイプの防犯カメラに当てはまるわけではありません。Wi-Fiタイプの防犯カメラのなかにも、設置工事が必要になるものはあります。

同じWi-Fiタイプでもいろいろな種類がありますので、どれを選べばよいのかわからない、設置方法がわからないというときには、防犯カメラ設置の業者に相談してみるのがよいでしょう。最適な防犯カメラについて、アドバイスをしてくれるはずです。

防犯カメラの設置なら防犯カメラ設置110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-953 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

Wi-Fi防犯カメラを選ぶ際の注意点

Wi-Fi機能を搭載した防犯カメラにはいろいろなメリットがありますが、人や環境によって向き不向きがあります。Wi-Fiのメリットがあまり役に立たないこともあるかもしれません。設置してから後悔することのないよう、Wi-Fiの防犯カメラを選ぶときには、事前に確認しておきたい注意点がいくつかあります。

Wi-Fiタイプにはデメリットもある

Wi-Fiタイプにはデメリットもある

電波を使うことで配線が不要なのがWi-Fiタイプのメリットですが、一方で電波を利用するゆえのデメリットもあります。メリットが多くても、致命的なデメリットがあってはいけません。これらのデメリットが許容できるものかどうか確認しておきましょう。

まず、発信できる電波の強さには限界があるため、有線タイプに比べて映像の精度が低いことが多いです。電波干渉によって映像が不安定になることもあります。ほかに電波を発する機器があると、互いの電波が混ざって邪魔をしてしまうのです。

電子レンジやコードレス電話、Bluetoothを使用している機器などの電波が防犯カメラのWi-Fiに影響を与え、映像が途切れたり乱れたりするのです。ほかの電波を発する機器を確認し、影響を受けにくい場所を選んで設置する必要があります。

また、Wi-Fiに接続するにはカメラや再生機器にパスワードなどの設定をします。普段パソコンなどを使い慣れていない人には、設定の操作が難しく感じることが多いでしょう。

インターネットを利用しますので、もともと使っているWi-Fiがない場合には新たにプロバイダとの契約も必要です。プロバイダに支払う月額費用が発生しますので、料金を確認しておきましょう。

配線工事が必要な場合がある

Wi-Fiだからといって、必ず配線がいらないとはいい切れません。カメラに電源を供給するための配線が必要になることがあるのです。設置場所のすぐ近くにコンセントがないなら、やはり配線をつなぐ工事をしなければなりません。あくまで工事をせずに設置したいのであれば、設置場所を工夫するか、電池式のものを選びましょう。

録画・再生の方式を確認しよう

防犯カメラの録画・再生の方式はいろいろなものがあります。Wi-Fiタイプの録画方式はおもに、「HDD録画」と「クラウド録画」です。HDDはハードディスクドライブのことで、レコーダーに内蔵されたディスクに映像を記録します。この方式ではレコーダーを設置し、そこに再生機器を接続する必要があります。

クラウド録画は、インターネット上に映像を保存しておく方式です。インターネットからデータをダウンロードすることで、スマホなどでどこでも映像を再生することができます。

自宅でしか映像を見ないならHDDでもよいですが、いろいろな場所で映像を確認したいという場合にはクラウド録画が適しています。そのカメラがどちらの方式に対応しているのか、確認しておきましょう。

Wi-Fi以外にもワイヤレスカメラはある

Wi-Fi機能のある防犯カメラを「ワイヤレスカメラ」と呼ぶことがありますが、コードでつながないタイプの防犯カメラはWi-Fi以外にもあります。ひとつは、「モバイルデータ通信」を利用する防犯カメラです。モバイルデータ通信は、携帯電話用の電波です。Wi-Fiと同様に電波を利用するため、カメラと録画・再生機器をつなぐ配線がいりません。

「電池式」のものも、ワイヤレスカメラに含まれます。外部の電源が不要で、録画・再生機能も一体になっているものはどこにもつなぐ必要はありません。そのため設置方法が単純で、どこでも気軽に使うことができます。ソーラー電池のものは電池交換の必要もないので、とても便利です。

ただし映像を確認するのに本体を回収しなければならなかったり、カメラ自体が盗難にあるおそれがあったりという注意点もあります。

本当にWi-Fiタイプの防犯カメラが適しているのか不安なときには、業者に相談してみるのがおすすめです。防犯カメラ設置業者では事前に設置場所の現地調査をおこない、どのような防犯カメラが最適かアドバイスをしてくれます。

防犯カメラの設置なら防犯カメラ設置110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-953 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

家庭用防犯カメラを選ぶポイント

防犯カメラには、Wi-Fiタイプ以外にもいろいろな種類があります。まずはどのような目的で、どのような場所に設置したいのかといった条件を整理することが大切です。そういった条件で絞り込んでいけば、おのずと最適な防犯カメラが見つけられるはずです。防犯カメラを選ぶ際にチェックしておきたいポイントをご紹介します。

接続方法は「有線」か「無線」か

接続方法は「有線」か「無線」か

有線タイプの防犯カメラにも、メリットはあります。もっとも大きなメリットは、映像の精度が高く安定しているということです。物理的な回線を通すことで、容量の大きなデータを速く送信できるのです。不審者の特徴や車のナンバーなど細かな情報をより確実に記録したいのなら、有線のほうがよいでしょう。

設置する目的は「監視」か「防犯」か

防犯カメラを設置する目的には、「その場所の今の状況を確認したい」という監視と、「犯罪の被害を防止したい」という防犯の2通りがあるでしょう。この目的の違いによって、適した防犯カメラの種類も変わってきます。

防犯カメラのデザインには大きく、「ドーム型」と「ボックス型」があります。ドーム型はすっきりとしていて目立ちにくく、ボックス型はひと目見てカメラだとわかりやすいのが特徴です。

今の状況を監視したいのであれば、ドーム型のものなどを選ぶと圧迫感がないのでおすすめです。反対に、防犯が目的なら大きくてひと目で防犯カメラだとわかるボックス型のものが適しています。カメラの存在をアピールすることで、犯罪の抑止効果が期待できるのです。目につきやすい場所に設置しましょう。

また、録画の方式も目的によって適した種類があります。防犯に使用するのであれば、もしも犯罪の被害に遭ったときに証拠を残しておけるよう、録画時間が十分に長いHDD録画のものを選ぶのがおすすめです。監視のためなら、リアルタイムの映像をどこからでも確認できるクラウド録画のものがよいでしょう。

求める機能はなにか

ほかのものにはない機能がある防犯カメラもあります。設置する環境や目的によって、あればより便利な機能がないか探してみるのもよいでしょう。

【防犯カメラのいろいろな便利機能】

  • ・カメラの角度や撮影範囲などを遠隔操作できる機能
  • ・通話や音声出力ができる機能
  • ・訪問者や家族の出入りをメールで通知してくれる機能
  • ・夜間でも鮮明に撮影できる暗視機能
  • ・屋外でも安心して設置できる防水・防塵機能
  • ・人や動物の動きに反応して動く追跡機能

設置場所は「屋内」か「屋外」か

防犯カメラには、屋内用のものと屋外用のものがあります。防水機能や暗視機能がついているものはほとんどが屋外用のものでしょう。屋内用のものを屋外に設置すると雨や風によって故障するおそれがあるだけでなく、対応できる明るさが違うためにうまく撮影ができないこともあるのです。

もしも屋内用のものを屋外に設置するのであれば、カメラを覆う機材を取り付ける必要があります。取り付けたい防犯カメラの設置が難しい場合には、防犯カメラ設置業者に相談してみましょう。

防犯カメラの設置なら防犯カメラ設置110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-953 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

防犯カメラの設置は業者に頼むのがおすすめ

防犯カメラの設置は自分でできることもありますが、業者に頼んだほうがより確実な施工ができます。業者に頼んだほうがよい理由や費用、頼む際のポイントを解説します。

工事には資格が必要な場合がある

工事には資格が必要な場合がある

防犯カメラを取り付けるだけなら、DIYに慣れている人ならできるかもしれません。しかし、設置場所にコンセントなどがない場合、電源を供給するための配線工事が必要です。

既存の電気配線に手を加える工事は、電気工事士の資格がなければおこなうことはできません。自分でおこなうのは感電などのおそれがあり大変危険ですので、必ず業者に任せましょう。

自分では難しい場所にも設置できる

最適なアングルから撮影するためには、なかなか届かない高所に取り付けなければならないこともあるでしょう。そのようなときにも、業者なら特殊な機材を使って設置をすることができます。また、作業前には現地調査をして適切な設置場所を提案してくれますので、設置してから死角が見つかるといった失敗も回避できます。

防犯カメラ設置費用の相場

防犯カメラの設置を業者に依頼したときの費用は、カメラ本体や録画・再生機器が家庭用のものなら10万円前後が相場です。カメラが複数になるときはこれよりも高くなりますが、2台目以降は割安になることもあります。

より高性能な業務用のカメラを選んだ場合や、設置場所によって工事が大がかりになるようなときには高くて50万円程度になることもあります。設置環境や要望によって費用は大きく変動しますので、事前に見積りを取って実際の料金を確認しましょう。

業者選びのポイント

適切な費用で確実に防犯カメラを設置するには、よい業者をみきわめることも重要です。業者を探す際には、以下のようなポイントをチェックしてみてください。

・無料の現地調査や見積りをしているか
よい防犯カメラ設置業者は、ただ頼まれた場所にカメラを設置するだけではありません。設置場所の環境を事前に調査してどのようなカメラがふさわしいか、どこに何台のカメラを取り付けるのがよいかといった提案をしてくれます。その上で詳細な見積りを提示してくれるのです。

・資格をもったスタッフがいるか
防犯カメラ設置にかかわる資格には、電気工事士や防犯設備士があります。電気工事士の資格がなえれば、設置に必要な電気配線の工事ができません。防犯設備士は防犯設備に関する知識をもち、アドバイスやプロデュースができる資格です。

より高度な資格で、防犯設備の監査や防犯設備士の指導をおこなう総合防犯設備士もあります。これらの資格をもっているスタッフがいる業者は、防犯カメラの施工に対して十分な知識と技術をもっていると考えてよいでしょう。

・保証やメンテナンスのサービスがあるか
防犯カメラ自体や施工に対して、保証が充実していることも大切です。保証の期間や、交換や再施工してもらえる条件などを確認しておきましょう。また、定期的にメンテナンスをしてくれるサービスがあれば、より安心して任せることができます。

いろいろな業者を調べてよい業者をみきわめるのは、大変な作業です。それだけの時間や労力をかけていられないということもあるでしょう。しかし大切なものを守るために重要で、費用も高い防犯カメラの設置を頼む業者を、当てずっぽうに選ぶわけにはいきません。

そこで、弊社がお役に立ちます。弊社には全国の防犯カメラ設置業者が加盟しています。弊社にご相談いただけば、ご要望にピッタリの最寄りの業者をご紹介することが可能です。24時間365日電話相談を受けつけていて、ご相談やご紹介は無料です。

ご相談後、加盟業者のスタッフが現地へうかがって調査をし、最適な防犯カメラの種類や設置場所、費用の見積りをご提案します。もちろん調査や見積りは無料です。防犯カメラを設置したいものの、どんなものにすればよいのかわからないという人は、ぜひお気軽に弊社までご相談ください。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】

防犯カメラの設置なら防犯カメラ設置110番にお任せください!
通話
無料
0120-949-953 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
0120-949-953 0120-558-537

利用規約 プライバシーポリシー

防犯カメラ設置110番のサービス料金
  • 防犯カメラ設置プラン

    89,800円〜

    詳しくみる
  • オーダープラン

    無料お見積り

    詳しくみる
  • 無料現地調査を行います
※対応エリア加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。