防犯カメラ設置110番 トップページ > 最新情報・レポート > ホームセキュリティで防犯・防災!料金や利点・自分でできる防犯対策

最新情報・レポート

防犯カメラ設置に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。

ホームセキュリティで防犯・防災!料金や利点・自分でできる防犯対策

ホームセキュリティで防犯・防災!料金や利点・自分でできる防犯対策

ホームセキュリティを利用すると、防災・防犯性能を高めることができます。お年寄りやお子さんがいるご家庭だけでなく、家のセキュリティ面でなにか不安がある人におすすめできるサービスです。

しかし導入の際には、どのようなサービスを受けることができるのかを事前によく確認してみましょう。一般的にはメリットとなるサービスも、自分にとってはそう感じない点もあるかもしれないからです。

ホームセキュリティの導入になかなか踏みきれないときは、自分でできる防犯対策を試してみることがおすすめです。この記事では、ホームセキュリティの内容だけでなく、自分で防犯性能を高める方法もご紹介していきます。

ホームセキュリティとは?システムとメリットについて

ホームセキュリティとは異常をセンサーが感知して、自動通報や警報を鳴らし、迅速に対応するシステムのことです。具体的にホームセキュリティはどのようなシステムになっており、利用すると得られるメリットはどれだけあるのでしょうか。

ひと口にメリットといっても、人によっては必要と思いにくいサービスもあるかもしれません。ただ、多くの利点を得られると感じたときはホームセキュリティの利用がおすすめできますので、システムとサービスについてひとつひとつ確認してみましょう。

ホームセキュリティのシステム

ホームセキュリティは自動で作動するだけではなく、異常を感じたときは自分で作動させることもできて、すぐにガードマンに駆け付けてもらうことができるシステムとなっています。

ホームセキュリティの導入方法は業者によって異なりますが、契約の前には実際に家を見てもらったうえで、プランを立て、契約後にセキュリティ機器の導入という流れが一般的です。

セキュリティ機器は家の中と外に設置します。しかし、賃貸や集合住宅の場合、外の異常感知装置を個人で勝手に設置すると、共用部分のプライバシーの侵害となります。そのため、賃貸・集合住宅では外の異常感知装置の利用が難しいですので、契約の際はご注意ください。

利点1:火事を最小限におさえる

火事の原因は料理中の不注意などが多いですが、それだけではありません。タバコの火が消え切っていなかったり、暖房器具の使いかたが正しくなかったり、劣化によって電化製品やコンセントから火がでてしまったりすることもあります。火事はいつ発生するかわかりません。

その場に人がいれば、火事に気がつき消防署に連絡することも可能です。ただし、火に気がつくのが遅いと大きな事故へと発展してしまうかもしれません。ホームセキュリティはガス漏れや火災をすぐに察知することができ、最小限にとどめるサービスを提供しています。

利点2:急な体調不良のとき対応してもらえる

お年寄りだけでなく、若く健康な人でも急に体調が悪くなることがあります。自力で移動することができたり、意識がある状態なら自分で病院にいったり、救急車を手配することもできます。家族がいれば対応をお願いすることもできるでしょう。

しかし、ひとり暮らしの場合や急を要する場合、パニックにおちいっている場合は、冷静に対処できないかもしれません。そんなときに、ホームセキュリティサービスが役立ちます。かかりつけの病院を伝えておくことで、素早い搬送が可能です。

利点3:空き巣犯やストーカーなどへの対処が可能

不法侵入者や空き巣犯、ストーカーなどの対応もホームセキュリティは請け負っています。不審者がいれば外のセンサー機が反応しますし、室内のセキュリティ機器を使用してホームセキュリティと連絡を取ることができます。

自分の家や自分自身を狙っている人がいるかもしれないと思うだけでも、強い恐怖や不快感をもつことでしょう。些細な異常や変化でもガードマンが駆け付け、対応してくれるセキュリティがあると安心を得られることでしょう。

また、在宅・不在関係なく見守ってくれるため、長期間家を空けることがある人にもおすすめできます。

ホームセキュリティサービスの依頼にかかる費用と注意点

ホームセキュリティサービスの依頼にかかる費用と注意点

サービス内容について、上記にてご紹介いたしました。メリットが得られると感じた人は多いのではないでしょうか。

しかし、ホームセキュリティには注意点やデメリットはないのでしょうか。そういった点も導入の際には重要な判断ポイントとなるため、以下にて費用とともにご紹介いたします。

ホームセキュリティの費用について

ホームセキュリティの費用は業者によって異なりますが、さらに各社が提供しているプランごと、戸建てか集合住宅か、導入する機器の数によっても費用は変動します。費用がいくらかかるのかは重要な判断基準のひとつです。

そこで以下にて、「セコム」と「アルソック」の戸建て住宅の料金プランをご紹介いたします。指標のひとつとしてご確認ください。(2020年2月現在)

契約時に導入する異常感知装置は、「レンタル」または「買い取り」の2択から選ぶことができます。レンタルの場合は異常感知装置を借りるため、契約が終了すると機器の返却をおこないます。買い取りの場合、機器を返却する必要はありません。

初期費用をおさえたい人には、レンタルプランがおすすめです。長期間利用したいという人には、初期費用の負担が高額ですが月々の支払額が低くなりますので、買い取りプランがおすすめとなっています。

セコムの料金プラン

・レンタルの場合
月額6,800円+初期費用(工事費)58,000円+保証金20,000円

・買い取りの場合
月額4,500円+初期費用(買い取りシステム料金)427,300円

アルソックの料金プラン

・レンタルの場合
月額6,870円+初期費用(工事費)53,000円

・買い取りの場合
月額3,500円+初期費用(工事費)53,000円+機器購入費194,600円

サービス内容も料金も契約内容ごとに違いがありますので、自分にあったプランを選択することがおすすめです。

ホームセキュリティを利用する際の注意点

上記にて費用についてご紹介いたしました。費用だけでなく、契約するプランの内容もよく確認するべきポイントのひとつです。選んだプランによっては、異常感知装置の設置工事、配線工事など導入にかかる手間が変わってくるためです。

また、イヌやネコを飼っているご家庭だとセンサーがペットの動きに反応することがあり、警報が鳴ってしまうことがあります。センサーの位置の高さや設置場所を調節することで対策は可能ですが、ネコの場合は高い場所へと移動することができますので、セキュリティ機器の設置の際は気をつけなくてはなりません。

低コスト!自分の力でセキュリティを高める方法

低コスト!自分の力でセキュリティを高める方法

ホームセキュリティのメリットはわかったけど、実際に自分が利用するとなると少し大げさな気がしてしまう人やコストが気になるという人もいるでしょう。

家の防犯性能は、ホームセキュリティに頼るだけでなく自分で高めることもできます。なかには手ごろにできる防犯対策もありますので、まずはこちらからチャレンジしてみてはいかがでしょうか。以下にて、手ごろにできるものから順にご紹介していきます。

家の明かりを利用して防犯!

玄関や室内の明かりがずっとついていないと、家に人がいない時間が多いと認識されるため、空き巣犯のターゲットとされるかもしれません。家にだれもいなくても、室内の明かりをつけておくと人がいると思わせることができます。

玄関の明かりは、夜になったら必ずつけるようにしてください。空き巣犯は目立ったり、顔を見られたりするのを嫌がりますので、玄関の明かりがついているだけでも抑止力となることでしょう。

ただし、玄関の明かりをつけっぱなしにしていると防犯意識が弱いと判断される場合があります。玄関の明かりは点灯させ続けるのではなく、朝になったら消すことがおすすめです。

窓の近くや敷地内に音の鳴る砂利を設置

空き巣犯が入り口とするのは玄関だけではなく、窓から侵入してくることも多いです。窓自体の防犯性能や強度を高める方法もありますが、砂利を活用する方法もあります。

家の周辺に踏むとよく音が鳴る砂利を敷くと、だれかが入ってきたときその音で侵入を察知することが可能です。家にだれもいなかったとしても、そういった砂利が敷いてあると防犯対策がされている家というアピールができます。音が鳴る砂利は、敷くだけでも効果が期待できるアイテムのひとつです。

鍵の交換や補助錠の追加をしてみよう

家の鍵が古くなっていたり、ガタガタと緩くなっていたりしていないでしょうか。しっかり施錠されていたとしても、空き巣はピッキングなどの工具を使って鍵を壊さずに開け、侵入してくることがあります。

古い鍵はピッキング対策がなされていないものもあるため、新しい鍵への交換や補助錠の追加がおすすめです。補助錠には電子錠や暗証番号タイプ、外付けタイプなどいろいろな種類があります。

補助錠を追加する際はお年寄りや小さなお子さんなど、家族みんなが扱いやすいものを選びましょう。そうすることで、補助錠が開けられない・閉められないといったトラブルを防ぐことができます。

防犯カメラやダミーの防犯カメラの導入

防犯カメラは設置してあるだけでも抑止力となります。ダミーの防犯カメラであったとしても、一定の効果が期待できます。出費をおさえたい人や防犯カメラの扱いかたに不安を感じる人はダミーの防犯カメラでも十分である場合もあります。

しかし、しっかり撮影して記録したいときは本物の防犯カメラでなくてはなりません。防犯カメラの記録は、ストーカーや空き巣犯などを捕まえるひとつの情報となります。防犯カメラはネットでも購入することができますが、その際は設置や防犯カメラ選びは自分でおこなわなければなりません。

どのような防犯カメラが適しているのかは、そのご家庭ごとに違いがあります。防犯カメラ選びや設置方法がわからず困ったときは、業者に相談してみることがおすすめです。弊社では、通話料金がかからない無料の相談窓口が設置されていますので、興味のあるかたはぜひご活用ください。

まとめ

ホームセキュリティは、ひとり暮らしの人、家族で暮らしている人、どちらでも利点のあるサービスとなっています。クチコミサイトを確認すると、月額料金がかかるとしても火災や急な体調不良、空き巣などの対応をしてもらえ、安全が得られるのなら安いと感じる人が多いようです。

ホームセキュリティの導入に悩んでいる人は、いったん自分でできる防犯対策をおこない、それでは足りないと感じたときにサービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。そうすることでより利便性を感じ、納得してサービスを利用することができるでしょう。

業者に頼らず個人でも防犯カメラの購入や設置はできます。しかし、効果のある場所に設置しなければ理想の結果が得られないかもしれません。悩んだときは弊社の無料相談窓口(コールセンター)をぜひご活用ください。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】

0120-949-953 0120-558-537

利用規約 プライバシーポリシー

防犯カメラ設置110番のサービス料金
  • 防犯カメラ設置プラン

    89,800円〜

    詳しくみる
  • オーダープラン

    無料お見積り

    詳しくみる
  • 無料現地調査を行います
※対応エリア加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。