防犯カメラ設置110番 トップページ > 最新情報・レポート > 防犯・監視カメラ|用途と設置場所にあう選び方と設置の際の注意点

最新情報・レポート

防犯カメラ設置に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。

防犯・監視カメラ|用途と設置場所にあう選び方と設置の際の注意点

防犯・監視カメラ|用途と設置場所にあう選び方と設置の際の注意点

監視カメラの設置を考えているときには、プロに相談することがおすすめです。監視カメラは防犯対策や、お子さまやペットの様子を確認するためなどさまざまな用途があります。それぞれにあった設置場所やカメラの種類があるのです。目的にあった場所に正しく設置をしないと、効果が薄くなってしまうことがあります。

このコラムでは、監視カメラの設置を考えている方に向けて、監視カメラでも屋外・屋内にあった機能や効果、プロに相談する方法など知りたい情報をまとめました。監視したい対象を定め、目的や正しい設置場所を決めて、その希望をかなえてくれる業者を探していきましょう。

屋外の監視・防犯カメラのおすすめ機能!防水は必須

屋外に監視カメラを設置したいというときに、おすすめする機能をご紹介します。設置場所にあったカメラを設置しなければ、故障してしまったり、映したいものが映らなかったりという事態があるかもしれません。必要な機能を確認しておきましょう。

屋外の監視に役立つカメラの機能と効果

屋外に設置するカメラは、「水に強い」「夜間も使える」「固定ができる」ということが重視されます。とくに、「水に強い」は必要な機能です。屋外に置く以上、屋根のある場所でも風で雨が入りこんできたり、湿度が高くなったりするおそれがあります。故障して起動しなかったということがないように、設置環境にあう機能は大切です。

また、夜間に不審者の対策をしたいというときには、暗い場所にも強い「赤外線撮影」の機能が搭載されたものでないと、カメラには真っ暗に映ってしまいます。真っ暗な場所には赤外線搭載のモデルがおすすめです。玄関やエントランスなど夜間でも明るい場所には、少しの明かりを拾って明るく撮影できる「微光監視撮影」というものもあります。

さらに、台風などの強風でも飛んでいかないように、ネジや釘でしっかり固定できるものであると安心です。固定が不安定では、風などでカメラが飛んでいってしまいます。ケガや破損などが起きてしまっては危険なので、固定は大切です。

屋外カメラの種類と設置方法

防犯カメラには、「ボックス型」と「ドーム型」があります。ボックス型とは名前のとおり角ばった形状をしています。サイズも大きく目に付きやすいため、不審者に対して犯罪をけん制する効果が期待できます。屋内、屋外どちらでもよく使われる形状です。天井、壁、塀の上など、さまざまな場所に設置できます。

ドーム型とは、半球形のケースにカメラが収められている形状です。主に天井に取り付けられます。カメラのレンズが直接見えないため威圧感が少なく、屋内でも雰囲気を壊しません。玄関やエントランスなど、威圧感を与えたくない場所に設置することが多いです。

【屋外】監視カメラをつける場所と注意点

ご家庭で監視カメラを設置したい場合には「玄関」「門」「駐車場」「庭」などに設置する場合が多いです。玄関や門に監視カメラを設置すれば、空き巣によるピッキングなどから家を守ることが期待できます。

駐車場に監視カメラを設置すると、盗難や車上あらしなどの対策に効果的です。庭に設置すれば、庭からの侵入を監視することができます。証拠をおさえるためには、泥棒の侵入ルートを考えて監視カメラを取り付けることが重要です。

屋内を監視!ネットワークカメラを自作・ワイヤレスの欠点

屋内を監視!ネットワークカメラを自作・ワイヤレスの欠点

屋内に監視カメラを設置すれば、防犯対策のほかにもペットやお子さまの行動をチェックすることも可能です。

屋内に設置できる監視カメラの種類

屋内に設置するカメラで重視したい機能は、「広角」「夜間に強い」「威圧感がない」というものです。屋内の空間が広い場合は、監視カメラに広角機能があれば家のなかを広く撮影することができます。

「夜間に強い」機能があれば、暗闇でのお子さまやペットの行動を見守ることができるため安心です。また、夜間や留守時の防犯対策としても大切な機能です。

リビングなどの憩いの場に存在感のある監視カメラがあると、リラックスが難しいかもしれません。家のなかに設置するのであれば、ドーム型などの威圧感のないデザインの監視カメラを設置することをおすすめします。

家にあるもので監視カメラを作ってみよう!

家にあるもので監視カメラを作ることが可能です。家にWi-Fiのインターネット環境があればすぐに使用することができます。現在使用していないスマートフォンに監視カメラシステムのアプリをインストールしましょう。

スマートフォンをWi-Fiに接続し、アプリを起動して映した部屋の様子をインターネットでサーバーに送信します。サーバーを介して、リアルタイムの映像が映し出されるため、外出先であっても様子を見たいときにいつでも確認できます。

ネットワークカメラ・ワイヤレスの注意点

自分で手軽に設置できる監視カメラのひとつとして、ネットワークカメラやワイヤレスカメラがあります。前述したスマートフォンの監視カメラと同様に、自宅のWi-Fiに接続してインターネットのサーバー上で映像を管理します。外出先でも確認でき、さらに設置が手頃なことから人気が高いです。

しかし、Wi-Fiの接続が悪いと撮影がうまくできません。何らかの不具合によってWi-Fiの接続ができていないと、録画されていないという事態もあるのです。接続が確実であるのか、電波の届く位置なのか確認をすることが大切です。

また、サーバー上で撮影データを管理するため、外部からハッキングや情報流出してしまうおそれがあります。とくに、パスワードを初期設定のままであったり、簡単なものであったりするとハッキングされ、部屋の様子をのぞき見されるリスクがあるのです。

そのほかにも、ネットワークカメラを管理しているパソコンやスマートフォンがマルウェアなどに感染してしまい、遠隔操作によりハッキングされるおそれもあります。不審なメールを開かないなど、セキュリティ管理には気をつけるようにしましょう。

用途にあったカメラ選びと設置作業をプロに相談

用途にあったカメラ選びと設置作業をプロに相談

監視カメラを設置する際には、カメラ選びや設置場所をプロに相談して決めましょう。監視カメラを設置する目的や設置環境に向いているカメラを見つけるのは自分では難しいため、プロの意見を聞いてみるというのもひとつの手です。

プロに依頼する4つのメリット

以下に、プロに監視カメラの設置を依頼するメリットをまとめました。自分で判断できないことは、プロの経験や知識からアドバイスをもらうことが可能です。ぜひ参考にしてください。

1.目的や場所にあったカメラの選定をしてくれる
屋外・屋内などの設置場所に加えて、設置する目的や環境に適したカメラを選定してもらうことが可能です。「1台で広範囲を撮影できるようにしたい」といった要望があれば、すべて伝えるようにしましょう。幅広い知識を活かして、最適なカメラを選定してもらえます。

2.効率的な場所に設置してもらえる
監視カメラは設置する場所によって、撮影できる範囲が変わってきます。防犯目的で設置するのであれば「死角がないようにする」「侵入しやすい場所に設置する」など、目的にあった場所に設置するためのアドバイスをもらうことができます。

3.「目立たない場所に設置したい」などの要望ができる
玄関や屋内の監視カメラの設置となると、常に監視されている感覚になる威圧感のあるデザインは避けたいものです。「目立たず撮影できる場所」はどこなのか、アイデアをもらえることでしょう。

4. 防犯整備士の資格の活用
防犯整備士とは、日本防犯設備協会が認定している民間の資格です。防犯設備に関して設計や施工などをおこなう防犯の専門家となります。上位資格として「総合防犯設備士」もあり、これは防犯の管理や監査、コンサルティングなどの業務にも携わるようになります。これらの資格を持つプロに任せれば、効果的な設置を期待できます。

業者に依頼したときかかる費用

業者に監視カメラの設置を依頼すると、基本的にカメラと録画した映像を保存するレコーダーのセットでの価格となります。カメラとレコーダー本体は、性能にもよりますが5万~10万円ほどが相場です。これに設置費用や作業費用が追加されると、合計で10万~15万円ほどになります。

カメラの台数が増えれば、カメラ本体の費用と設置分の人件費がかかるため、費用はかさみます。また、カメラ設置の際に電源をひくとなると、工事が必要となることもありますので、費用は変動することになります。まずは業者に見積りをとってもらい、確認することをおすすめします。

「ダミーカメラ」という選択肢

監視カメラのなかでも、「ダミーカメラ」という選択肢があります。名前にダミーとあるとおり、監視カメラの形をした偽物です。しかし、ダミーであっても監視カメラと間違えられるため、犯罪の抑止力は期待できます。

ダミーカメラにも種類があり、安いダミーカメラは詳しい人が見るとすぐにわかるようになっています。また、設置場所でもダミーカメラはばれてしまうことがあります。カメラは電源配線が必要となるため、ばれないようにダミーカメラの設置にも偽の配線をひいておくことが大切です。

ダミーカメラでは、威圧をすることで犯罪を抑制する効果が期待できます。ただし、映像が撮れないことから、実際に事件に巻き込まれてしまったときには役に立ちません。予算の都合上、どうしても安く済ませたいということでもない限りは、本物の監視カメラを設置することをおすすめします。

まとめ

監視カメラは、設置用途によってカメラの種類や設置場所が変わります。自分で目的にあった場所にカメラを設置することは大変難しいため、業者に依頼することをおすすめします。

監視カメラの目的は、防犯のほかに子どもやペットの様子を確認することにもあります。室内に設置するときは、威圧感のあるデザインだと気になってリラックスできません。そういったときは、風景に溶け込むデザインのドーム型カメラなどがおすすめです。

カメラは、自分でも設置できますが、設定を自分でやらなくてはいけなかったり、ハッキングのおそれがあったり大変危険です。管理が難しいと感じるときには、業者に任せるのもひとつの手です。監視カメラの設置をお考えなら、弊社にお任せください。お客様にあった業者をご紹介いたします。

0120-949-953 0120-558-537

利用規約 プライバシーポリシー

防犯カメラ設置110番のサービス料金
  • 防犯カメラ設置プラン

    89,800円〜

    詳しくみる
  • オーダープラン

    無料お見積り

    詳しくみる
  • 無料現地調査を行います
※対応エリア加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。