防犯カメラ設置110番 トップページ > 最新情報・レポート > 防犯カメラの設置費用|ランニングコストや種類・設置場所の選び方

最新情報・レポート

防犯カメラ設置に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。

防犯カメラの設置費用|ランニングコストや種類・設置場所の選び方

防犯カメラの設置費用|ランニングコストや種類・設置場所の選び方

防犯カメラにはさまざまな種類があり、用途によって使い分けをします。そのため、カメラ本体の種類だけでなく、設置方法や設置場所なども細かく決めなければいけません。設置を考えているときには、まず見積りをとりましょう。見積りによって、設置場所などの打ち合わせだけでなく防犯カメラの設置費用も知ることができます。

このコラムでは、防犯カメラの設置を考えている方に向けて設置費用の相場、それから設置後のランニングコストをご紹介します。カメラの種類や用途・設置場所なども解説しているので、設置の際にはぜひご活用ください。

防犯カメラの設置費用はどれくらい?

防犯カメラはカメラ本体の性能だけでなく、設置場所も肝心となります。設置場所を誤ってしまうと、カメラが設置している意味がなくなってしまうこともあるのです。そのため、プロに設置してもらうことがおすすめです。

防犯カメラの設置費用の内訳

防犯カメラをプロに設置してもらうときに必要となる費用には、まず人件費があります。ひとつだけの設置なら大人数でなくてもよいですが、複数個所に設置する場合には、その分の人員も必要です。人数や作業の複雑さによって費用は変わります。

次に、材料費です。設置に必要な台座やねじ、LANケーブルなどの配線など設置場所にあわせた材料の費用です。それに加えて依頼現場が店舗から離れている場合には、出張費がかかります。業者の店舗から遠ざかるほど出張費は高くなり、人員の数によっても変動するのです。

このほかには、壁に穴を開けたり高所での作業費や電気設備の新設工事などが必要となる場合には、特別工事費として追加の費用がかかる場合があります。設置には、別途カメラ本体やレコーダーの費用がかかります。

防犯カメラの設置費用の相場

防犯カメラの設置費用の相場としては、1台5万円~15万円ほどが相場となります。設置場所に工事が必要な場合には、さらに高い費用となる場合も考えられます。

カメラ本体は3万円~5万円ほどです。画質のよいカメラにしたい場合には、ハイビジョンカメラを設置することになるため、さらに費用は高くなります。それから、撮影の記録をするためのレコーダーは5万円ほどが相場です。しかし、ハイビジョンで録画したい場合には数十万円ほどかかる場合があります。

これらは相場となるため、設置する環境や依頼する業者によって費用は変わります。設置をお考えの際には、業者に見積りをとってみましょう。

防犯カメラ設置後のランニングコスト

防犯カメラを設置したら、使用していくうえで維持や管理をするのに継続的にかかる費用があります。カメラを起動させるための電気代だけではなく、ほかにも必要な維持があるのです。

1.電気代

防犯カメラを起動させるための電気代は、月に50円ほどです。さらに、カメラで撮影したデータを記録するレコーダーは月に320円ほどがかかるため、年間でいうと4,400円ほどで収まると予測できます。

2.ハードディスク代

防犯カメラで撮影したものを保存しておく場合には、レコーダー内のハードディスクを使用します。このハードディスクは毎日の使用で寿命はおよそ3年といわれています。ハードディスクの交換費用として、2~3年に1度1万円~2万円ほどの費用を考慮しておく必要があるでしょう。

3.インターネット料金

ネットワークカメラは、録画したデータをインターネット上で送信するタイプのカメラです。そのため設置する場合には、インターネット契約が必要となります。

すでにインターネット回線が備わっている場合には必要ありませんが、設置の際に新たに回線を契約した際には、毎月プラスとしてインターネットの回線(おもに光回線)料金とプロバイダ料金がかかることになります。

プロバイダとは、おもにインターネット回線をつなぐために必要なIPアドレスをユーザーに発行する会社で、回線とは別に契約が必要です。インターネット回線とプロバイダ費用は、会社によって異なりますが、あわせて5,000円~10,000円前後月々必要となってきます。

防犯カメラの種類とそれぞれの用途

防犯カメラ本体の機能も、さまざまなものがあります。用途にあった機能を選択することにより、効果的に使用できますので、カメラを選ぶ際には参考にしてみてはいかがでしょうか。

防犯カメラを選ぶときのコツ

防犯カメラを選ぶには、何のために設置するのかを明確にしておきましょう。そうすることで、数多くある種類の中から選択しやすくなります。

空き巣や泥棒の侵入を抑止するためなのか、実際に侵入されたときの記録を残しておきたいのかでも目的が変わります。また、現在すでに洗濯物の盗難などの被害にあっているのなら、見つかりにくく、かつ顔がはっきり映る位置に取り付けるとよいでしょう。また、はっきりと防犯カメラと分かる形状なら、犯罪被害に遭う前に抑止効果を与えるといったことも可能です。

1.赤外線タイプの防犯カメラ

赤外線によって暗闇を撮影できる防犯カメラがあります。一般のカメラでは、真っ暗な場所では映りません。しかし真っ暗で一切明かりのない場所であっても、赤外線のレーザーで周囲を照らすことにより、カメラに映すことができるのです。

この赤外線は人の目ではほとんど見えないため、気づかれにくいです。夜間に真っ暗となる場所に設置したい場合には、赤外線タイプがおすすめです。

また、赤外線のセンサーの付いた防犯カメラだと、監視範囲内に人がいることを感知したときに、カメラが作動しまう。必要なときだけ動くため、24時間ずっと作動しているタイプよりランニングコストを抑えることができるでしょう。さらに、記録の確認も効率的におこなえるというメリットがあります。

2.ドーム型の防犯カメラ

カメラがドーム型になっている、天井によく設置される防犯カメラです。カメラが回転するため、広範囲を映すことが可能です。一定の位置だけではなく、部屋全体を映したい場合や、部屋にいるお子さんやペットの安全を確認するときにはおすすめのタイプです。

3.ダミーの防犯カメラ

本物そっくりの見た目に作られたダミーの防犯カメラは、カメラがあるという威嚇ができるため、イタズラや犯罪の抑止効果が期待できます。ダミーのカメラとともに「防犯カメラ作動中」というステッカーを貼っておくとより効果的でしょう。また、数千円で手に入ることから、安価であるため手軽に設置できるのも魅力ですね。

防犯カメラ用の録画機器は必要?

防犯カメラに映る映像を常時確認できるのであれば、録画機能が必要ない場合があります。たとえば、お子さんやお年寄りのご家族やペットの様子を確認するために設置するというときです。

しかし、防犯や侵入をカメラでとらえることを目的としている場合には、カメラで撮影した映像は大切な資料となるため、記録を残しておく必要があるでしょう。録画データを残すためには、レコーダー(録画機器)を設置することになります。

なかには、レコーダーの設置なしに録画データを残せる場合もあります。ネットワークカメラ(IPカメラ)などの、ネットワークを介して管理できる防犯カメラでは、クラウドといってインターネット上にスペースを借りて映像データを保管できるものもあります。

クラウドはお手持ちのパソコンやタブレット、スマートフォンからインターネットを介して確認できるため、録画機器は必要ありません。防犯カメラの撮影した映像の保管方法も種類がありますので、ご自分の管理しやすい方法を選ぶと活用しやすいですよ。

防犯カメラは設置する場所も重要です!

防犯カメラは設置する場所も重要です!

ここまで防犯カメラ本体の機能と、録画機器のことをご紹介しました。しかし、1番大切なのは、しっかり撮影したい場所を映せているのかということです。死角があっては防犯カメラの意味がなくなってしまいます。適切な場所に設置しましょう。

家の周りに防犯カメラを設置する場合

家の周りに防犯カメラを設置する場合には、出入り口や建物の外周、駐車場あたりが主流です。出入り口とは、敷地の門や玄関のことで、門の屋根の影などに設置し、上から訪問者を撮影します。

敷地や建物の外周に設置する場合には、塀など乗り越えられそうな場所が広範囲で映るように設置します。カメラを固定させる場所がない場合には、防犯カメラ用のポールを立てる場合もありますよ。

駐車場は、車上荒らしやいたずらなどがないように、駐車場全体が映るように設置します。屋根の影や壁に設置することが多いです。屋外の設置では、「耐水」「夜間」にも適応しているタイプのカメラをおすすめします。

店舗に防犯カメラを設置する場合

お店での防犯カメラの設置は、プライバシーを考慮しなければなりません。不快感を与えないように、ドーム型など目立ちにくいタイプのカメラの設置をおすすめします。レジ周りにはハイビジョン撮影のできるような高画質カメラを設置しておくと、強盗が来たときに活用できます。

そのほかの防犯目的としてはトイレの付近や出入り口に設置しておくのがよいでしょう。

オフィスに防犯カメラを設置する場合

オフィスに設置の場合には、広範囲の撮影ができるドーム型の設置がおすすめです。あまりに威圧的な防犯カメラだと従業員のストレスとなる場合があります。受付や社長室、資料室や金庫などには高画質や夜間にも撮影のできるタイプを設置することがおすすめです。

まとめ

防犯カメラの設置費用やカメラ本体の種類、設置場所についてご紹介しました。防犯カメラの設置はカメラ本体の性能もさることながら、設置場所の影響を受けやすいです。設置された場所によっては撮影の効率がわるく、死角ができてしまうことがあるため、ポイントを抑えて設置することが大切となります。

防犯カメラの設置は決して安価ではありません。業者によって設置方法や費用などが異なりますので、設置をお考えのときにはまず見積りをしてもらい、設置場所の相談や費用を確認しておくことが大切です。納得いかないときには、ほかの業者にも見積りをしてもらい、比べてみると、納得いく業者を探しやすいです。

0120-949-953 0120-558-537

利用規約 プライバシーポリシー

防犯カメラ設置110番のサービス料金
  • 防犯カメラ設置プラン

    89,800円〜

    詳しくみる
  • オーダープラン

    無料お見積り

    詳しくみる
  • 無料現地調査を行います
※対応エリア加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。