防犯カメラ設置110番 トップページ > 最新情報・レポート > 防犯カメラは選び方次第で効果に差が!?知っておくと役立つ知識とは

最新情報・レポート

防犯カメラ設置に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。

防犯カメラは選び方次第で効果に差が!?知っておくと役立つ知識とは

防犯カメラは選び方次第で効果に差が!?知っておくと役立つ知識とは

「防犯カメラを設置したいけど、どのカメラを選べばいいのかわからない」とお困りのかたはいませんか。防犯カメラは選び方ひとつで、防犯効果に大きく差が生じます。

防犯カメラの選び方以外にも、設置場所やその場所に合った機能も理解しておくことで、防犯効果はさらに高くなるでしょう。

この記事では、そういった防犯カメラのことでお困りのかたに向けて、防犯カメラの選び方についてご説明します。また、設置場所とその場所に合った機能やダミーカメラなどについても、合わせてご紹介します。ぜひ参考にしてください。

防犯カメラの効果を高めるために大切な2つのこと

防犯カメラを設置することで、多くの犯罪を防止することができます。ただ設置するだけではなく、防犯カメラの効果を最大限に活かすことが大切です。この項目では、防犯カメラの効果を高めるために大切な2つのことをご紹介します。

防犯カメラを設置する目的を明確にする

防犯カメラを設置する際に、もっとも意識しておきたいことが、防犯カメラを設置する目的を明確にしておくということです。防犯カメラは、種類や設置場所によっては効果を最大限に発揮できないことがあります。

あらかじめ防犯カメラを設置する目的が明確であれば、それぞれの目的に適した防犯カメラを選ぶことが可能です。まずは、自分がなぜ防犯カメラを設置するのか、その目的を明確にするようにしましょう。

防犯カメラを設置していることを明示する

防犯カメラと聞くと、こっそり撮影しているイメージをおもちのかたもいるのではないでしょうか。実際に、小型の防犯カメラなどは、設置してあると気づかれることなく撮影をおこなうことが可能です。

しかし、普通の防犯カメラで防犯効果を高めるのであれば、設置していることを明示することが大切です。防犯カメラの設置が一目でわかる状態であれば、未然に犯罪を防ぐことができます。

ほかにも、防犯カメラをこっそりと気づきにくい場所に設置してしまうと、ご近所の人に「隠し撮りをされている!」と勘違いされてしまうおそれがあります。

このように、防犯効果を高めるだけでなくご近所からの誤解を生まないためにも、防犯カメラが設置されていることは極力明示するようにしましょう。

防犯カメラの選び方

防犯カメラの選び方

防犯カメラを選ぶときに大切なのが、設置場所です。あらかじめ防犯カメラの設置場所を決めておくことで、その場所にあった機能を選ぶことができます。防犯カメラを選ぶときは、まず設置場所から考えてみましょう。

設置場所とその場所に合った機能とは

防犯カメラの設置場所はさまざまです。以下で主な設置場所と、その場所に合った機能についてご紹介していきます。

駐車場

駐車場に防犯カメラを設置することで、車上荒らしや、駐車場の塀や地面へのイタズラを防ぐことができます。駐車場での被害を防ぐために重要となるのが、不審者を侵入させないことです。

駐車場は、不特定多数の人が駐車さえしていれば自由に出入りできる場所です。そのため、不審者にとっても侵入のしやすい場所となっており、侵入されてしまったら盗難やイタズラを防ぐことが困難だといわれています。そのため、一目で防犯カメラだとわかる形やサイズをしているものを選ぶのがおすすめです。

また、夜間でもきれいに映すことができる赤外線機能がついた防犯カメラや、入り組んだ駐車場内を広範囲で撮影することができる広角対応の防犯カメラもおすすめです。

倉庫や工場

倉庫や工場に設置する防犯カメラは、不審者による侵入や盗難だけではなく、異物混入などの不正行為を防止する目的もあります。倉庫や工場は作業場が広く、24時間稼働しているというところも多いでしょう。

そのため、防犯カメラを選ぶ際は、長時間の撮影機能や高解像度で広範囲の撮影が可能なものを選ぶのがおすすめです。

オフィスや事務所

オフィスや事務所も倉庫などと同じく、不審者による犯罪行為のほかに、内部不正を防ぐために防犯カメラを設置することがあります。内部不正を防ぐ場合、顔や手元に加えて声などもしっかりと撮影できる機能をもった防犯カメラがおすすめです。

顔や手元・声をしっかりと撮影することができれば、人物を特定しやすくなります。しかし、あまり目立つものを設置してしまうと威圧感が出てしまったり、美観を損なってしまったりするおそれもあるので注意しましょう。

マンションやアパート

マンションやアパートに防犯カメラを設置することで、空き巣などの不審者に加えて居住ルールの違反者などを抑止することができます。24時間、時間を問わず人が出入りすることも考えられるため、長時間の撮影機能があるものがおすすめです。

ほかにも、赤外線機能や遠隔で監視ができる機能のあるものを選んでおけば、夜間や管理人のいない物件であってもしっかりとした防犯になります。

学校や幼稚園・塾などの教育施設

学校や幼稚園などの教育施設は、イベントの際に不特定多数の人が校内を訪れることがあります。不特定多数が出入りすることで、隙をつかれ盗難被害が起こりやすくなっているのです。そのため、学校の要所ごとに防犯カメラを設置することが大切です。

要所ごとに防犯カメラを設置しておくことで、隙をつかれる危険性を減らすことができます。防犯カメラの機能には、撮影した個人をしっかりと特定できる高画質機能や長時間機能のものを選ぶのがおすすめです。

飲食店や小売店などの店舗

飲食店や小売店などの店舗の場合、防犯カメラを設置しておくことで、商品の盗難や危険人物の来店などを防止することができます。高画質で長時間撮影できる機能があれば、有事の際に証拠として活用することも可能です。

しかし、威圧感のあるものや一目で防犯カメラだとわかるものを選んでしまうと、犯罪の防止にはなりますが店舗の美観を損なわせてしまうおそれもあるのでご注意ください。

病院

病院は、広い院内を多数の患者が出歩く場所です。そのため、院内のどこで緊急事態が起きても対応できるように、モニタリング機能がある防犯カメラがおすすめです。また、ナースコールと同時に患者の様子を詳しく確認するためにも、高画質で長時間撮影が可能なものがよいでしょう。

【種類】防犯カメラは主に2タイプ

防犯カメラの設置場所とさまざまな機能をご紹介してきましたが、防犯カメラの種類についても理解しておきましょう。防犯カメラは、主に「屋内用監視(防犯)カメラ」と「屋外用監視(防犯)カメラ」の2種類となっています。

屋内用監視カメラ

屋内用監視カメラは、店舗や事務者などの屋内に設置するカメラです。主に、侵入者の監視や店舗の状況を確認するために設置されます。

【ドームカメラ】
小さな照明器具のような形をしているため、威圧感もなく設置場所の美観を保ちやすいデザインとなっています。また、広角レンズが搭載されており、非常に広い画角を撮影することが可能です。1台で広範囲の撮影をしたい場合に最適なデザインといえるでしょう。

【ボックスカメラ】
ボックスカメラはレンズが一方向となっており、高画質かつ高倍率ズームが可能なカメラです。ドームカメラと違い、見た目の威圧感から不審者への威嚇効果が望めます。どこか特定の一か所だけを監視したい場合に最適なデザインだといえるでしょう。

屋外用監視カメラ

屋外用監視カメラは、駐車場や住宅周りなどの屋外に設置するカメラです。主に、不審者が敷地内に侵入しないかどうかを監視するために設置されます。

【赤外線カメラ】
赤外線カメラは、夜間の監視に特化した監視カメラです。夜中に敷地内へ侵入しようとする不審者をしっかりと撮影することができます。

【センサーライト搭載カメラ】
不審者の侵入に対して効果を発揮するのが、センサーライト搭載カメラです。物体の動きや熱量をセンサーによって判別し、自動的に一定時間ライトを照らしてくれます。

【低照度カメラ】
低照度カメラは、夜間での光源を撮影するのに最適な監視カメラです。光源さえあれば、赤外線カメラよりも鮮明に、夜間の映像をカラーで撮影することができます。

ダミーカメラの効果はあるのか

ダミーカメラの効果はあるのか

しっかりとした撮影機能がついた防犯カメラではなく、ダミーカメラでの防犯を検討されているかたはいませんか。この項目では、そんなダミーカメラの効果についてご紹介していきます。

ダミーカメラとは

ダミーカメラとは、その名のとおり撮影機能をもっていない偽物のカメラのことです。本物の防犯カメラを設置するよりも費用が安く済むため、できるだけ費用をおさえたいというかたにおすすめです。

撮影機能をもっていないため、防犯カメラがあると思わせた威嚇が主な用途となります。ある程度の防犯効果が望める場合もありますが、ダミーカメラだと見抜かれてしまう可能性もあるため、過信しすぎないようにしましょう。

ダミーカメラの選び方

ダミーカメラを選ぶ際に、いくつかおさえておきたいポイントがあります。以下のポイントをしっかりとチェックして、ダミーカメラを選ぶようにしましょう。

ダミーだとばれないように外観を重視する

ダミーカメラにおいて、不審者に偽物だとばれてしまうことがあってはなりません。基本的にダミーカメラは機能面を気にする必要がないので、できるだけ本物の防犯カメラと似た見た目のものを選ぶのがおすすめです。

LEDランプ点滅型は見破られるリスクがあると理解しておく

LEDランプ点滅型のダミーカメラは、LEDランプの点滅により不審者を威嚇することができます。しかし、本来は防犯カメラのほとんどがLEDランプの点滅機能をもっていないため、不審者にその知識があると偽物だとばれてしまうでしょう。

屋内はドーム型、屋外はバレット型がおすすめ

ダミーカメラを設置する際に、本物の防犯カメラと同じ状況を想定した、デザインを選ぶことが大切です。屋内であれば設置場所の美観を損なわないドーム型、屋外であればバレット型やボックス型のような威圧感のあるデザインを選ぶようにしましょう。

設置前には本物をよく理解しておくことが大切

ダミーカメラの設置でもっとも大切なのが、偽物だとばれないことです。偽物だとばれないようにするためには、本物の防犯カメラの設置場所や機能などを理解しておく必要があります。

これまでに紹介した防犯カメラの設置場所や機能と照らし合わせて、ダミーカメラの設置をおこなってみてはいかがでしょうか。

防犯カメラの設置はプロにお任せください

防犯カメラの設置には、防犯カメラの選び方から設置場所・デザインや目的など、自分一人では難しい工程が多くあります。せっかく防犯カメラを設置しても、効果がなければ意味がありませんよね。

そんなときは、業者に依頼するのがおすすめです。業者であれば、設置場所ごとに最適な防犯カメラの種類や機能などを選んで、設置してもらうことができます。自分で設置するのが少しでも難しいと思ったかたは、依頼してみてはいかがでしょうか。

まとめ

防犯カメラの選び方次第で、防犯効果に差が生じてきます。防犯カメラを選ぶときは、設置する目的を明確にしておくことが大切です。目的が明確であれば、設置場所にあった防犯カメラの種類や機能を選ぶことができます。

できるだけ費用をかけずに防犯をしたいというかたには、ダミーカメラを設置するという選択肢もあります。ダミーカメラは、撮影機能をもたない偽物のカメラですが、設置することで不審者を威嚇することが可能です。

しかし、本物の防犯カメラがどういったものなのか深く理解していないと、設置してもすぐに偽物だとばれてしまうこともあります。

そのため、防犯カメラを使って確実に防犯対策をおこなうのであれば、業者に依頼するのがおすすめです。業者であれば、設置場所にあった防犯カメラの種類や機能を選んで、最大限に防犯カメラの効果を活かしてもらえるでしょう。

防犯カメラの設置でお悩みのかたは、ぜひ業者に相談してみてはいかがでしょうか。

0120-949-953 0120-558-537

利用規約 プライバシーポリシー

防犯カメラ設置110番のサービス料金
  • 防犯カメラ設置プラン

    89,800円〜

    詳しくみる
  • オーダープラン

    無料お見積り

    詳しくみる
  • 無料現地調査を行います
※対応エリア加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。