防犯カメラ設置110番 トップページ > 最新情報・レポート > 学校に防犯カメラを設置して安心した学校生活を!メリットや選び方

最新情報・レポート

防犯カメラ設置に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。

学校に防犯カメラを設置して安心した学校生活を!メリットや選び方

学校に防犯カメラを設置して安心した学校生活を!メリットや選び方

学校内で不審者の情報やイタズラの報告が多く、防犯カメラの設置を考えている方もいるでしょう。実際、学校に防犯カメラを設置することで、さまざまな犯罪の抑止力となってくれます。

しかし、どんな防犯カメラを選んでどこに設置すればいいのかわからない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ほかにも、保護者からプライバシーの侵害として学校側と問題にならないかどうか、心配だという方もいらっしゃると思います。

この記事では、学校に防犯カメラを設置するメリットや用途にあった防犯カメラの選び方と場所選びに加えて、設置する際の注意点などをご紹介します。

学校に防犯カメラを設置するメリット

小学校や中学校に防犯カメラを設置するメリットはたくさんあります。実際は不審者の侵入や事件が起きたのちに防犯カメラが設置されることが多い傾向があります。しかし、あらかじめ防犯カメラを設置しておくことで、さまざまなトラブルを未然に防げる可能性が高くなるのです。

では、学校に防犯カメラを設置することで、どのようなトラブルを防ぐことができ、どのようなメリットがあるのかをご紹介します。

不審者侵入対策

不審者の侵入対策のために、防犯カメラの設置を考えているという方も多いのではないでしょうか。学校に24時間監視できる防犯カメラを設置しておけば、いつでも不審者の侵入を確認できます。

実際に24時間モニターを見ることは難しくても、録画機能が搭載されていれば、あとから確認することは可能です。また、防犯カメラを誰でも見えるところに設置しておくことで、不審者の侵入を抑止する効果もあります。

窃盗や器物破損の犯罪防止

防犯カメラを設置するメリットは、不審者などによる外部からの被害を抑止するだけではありません。

防犯カメラを教室や職員室、設備が置いてある部屋に設置しておくことで、学校内での盗難やいたずらによる設備破損も抑止することができます。

グラウンドでの未然事故防止

小学校や中学校に通っている子供は、わんぱく盛りで危ない遊びをしてしまうこともあります。グラウンドに防犯カメラを設置しておくことで、子供たちの動向を確認することが可能です。

トラブルの際にスムーズに対応できる

多くの学校は広いので、学校の職員が隅々までトラブルが起こらないように監視するのは困難です。もし防犯カメラを設置していれば、設置した場所まで直接確認しに行く必要がなく、モニターを確認するだけで済みます。

モニターを通じて設置した場所を確認できることによって、学校内でトラブルが起きた際にも、スムーズに対応することが可能です。

学校にはこんな防犯カメラがオススメ!

学校にはこんな防犯カメラがオススメ!

学校に防犯カメラを設置する際には、どの種類にすればいいのか迷ってしまいますよね。防犯カメラには、用途や設置する場所によって最適な種類があります。

どのような目的でどこに設置するのかが決まったら、次は用途にあった防犯カメラを選んでみましょう。

犯罪防止には「ボックスタイプ」

四角い本体の先端にレンズが付いたボックスタイプは、屋内での犯罪防止として最適です。見た目も防犯カメラだと一目でわかりやすく目立つため、監視していることをアピールするのに役立ちます。

コンビニなどで見かけることも多く、犯罪が起こる前の抑止力として最適な防犯カメラです。

屋外には「耐久性のよい」防犯カメラを

屋外に防犯カメラを設置する場合、意識しておきたいのが耐久性です。屋外は屋内と違って、雨や雷といった気候の影響を受ける機会が多くなってしまいます。

防犯カメラは、精密機器なので、ものによっては気候の影響などで壊れてしまうおそれがあるのです。

せっかく防犯のために設置しているのに、防犯カメラが故障して何も映っていなければ意味がありません。そうならないためにも、屋外に設置する場合は、耐久性のよい防犯カメラを選ぶようにしてください。

「夜間対応」のもので24時間防犯対策

夜間は景色も暗く、防犯カメラに映った人物をハッキリと認識できないことがあります。そういったときは、夜間でも対応が可能な暗視カメラや赤外線機能が付いたカメラを設置することで対応可能です。

また、夜間は防犯カメラを監視する人がいないことも考えられるので、人の動きを認識して照明を当てるセンサーライト付きのカメラを屋外に設置するのがおすすめです。

いざ防犯カメラの設置!「場所選び」が重要

学校に防犯カメラを設置するとなると、どこに設置するか迷ってしまいますよね。効果的に防犯カメラを活用するためには、場所選びが重要です。

学校は、防犯カメラを設置したい場所も多いので、しっかりと確認しておきましょう。

校門や裏門

校門や裏門は人の出入りがもっとも多い場所です。不審者の侵入経路として使われることも多いので、大型のカメラを設置するのがおすすめです。

大型のカメラであれば、不審者が学校内へ入ろうとするのを威嚇することができます。

駐輪場・ロッカー

駐輪場やロッカーは、自転車や靴といった所持品の盗難やイタズラが起こりやすい場所です。また、不審者が侵入しやすい場所でもあるので、防犯カメラの設置は必須でしょう。

24時間撮影が可能な防犯カメラであれば、犯人の特定や証拠にもなるのでおすすめです。

プール

大勢の生徒が利用するプールは、トラブルが起きやすい場所です。授業を担当している教員一人では、生徒全員の安全を確認することは難しいでしょう。

しかし、プールに防犯カメラを設置しておけば、職員室のモニターなどでも生徒の安全を確認することができます。

また、夏場の深夜などは無断でプールを利用しようと不法侵入者が現れることがあります。防犯カメラを設置しておくことで、不法侵入者を事前抑止する効果があります。万が一、不法侵入者が現れてトラブルが起きた際に犯人を特定をする証拠にもなり得るのです。

部室

部室は、生徒のカバンや貴重品が置いてあることが多いので、部活中を狙った盗難が起こりやすい場所です。部室前に防犯カメラを設置しておくことで、犯罪抑止の効果や有事の際には、証拠映像として記録されます。

学校に防犯カメラを設置する注意点

学校に防犯カメラを設置する注意点

学校への防犯カメラの設置は、適切におこなうことができれば、非常に頼もしい存在となります。しかし、防犯カメラの設置場所や管理方法をしっかりと理解しておかないと、保護者とトラブルになってしまうおそれもあるのです。

プライバシーの保護は最重要!

防犯カメラを設置するうえで、もっとも気を付けなければならないのが、プライバシーの侵害です。学校側の判断だけで、学校に防犯カメラを設置してしまうと、防犯カメラを不快に思った生徒や保護者とトラブルになってしまうことも考えられます。

そのため、学校に防犯カメラを設置しようと思っている場合は、あらかじめ生徒と保護者にしっかりと防犯のためであると伝えて理解を得ることが大切です。

理解を得られないまま防犯カメラを設置してしまうと、プライバシーの侵害となってしまうおそれもあるのでご注意ください。

管理者を設定で適切な管理を

防犯カメラの設定が誰でも変えられる状態になっていると、自分勝手に悪用されるおそれがあります。そのため、防犯カメラの設定は管理者を決めておき、必要なとき以外は設定を変えられないようにしましょう。

画像データの保存管理は厳重に

防犯カメラの種類によっては、画像データを保存することができるものがあります。この画像データは不審者の特定や何かトラブルがあった際に証拠として役立ちます。

しかし、画像データをしっかりと管理していないと、個人的な理由で画像データが持ち出されてしまうおそれがあるのです。そのため、防犯カメラの画像データは責任者がしっかりと管理をおこない、正当な理由がない限りは持ち出せないようにしておきましょう。

防犯カメラを適切に設置するには業者に依頼しよう!

学校に防犯カメラを効果的に設置しようと思うと、種類や設置場所の関係で、なかなかうまくいかないことがあります。そんなときは、業者に防犯カメラの設置を依頼するのがおすすめです。

防犯カメラの設置を業者に依頼するメリット

自分で防犯カメラを設置しようとすると、その目的にあった防犯カメラの種類や適切な設置場所を見極めることが難しく、失敗してしまうおそれがあります。

しかし、業者に依頼することで、要望にあった種類の選択や防犯として効果的な場所に設置してもらうことができるでしょう。

防犯カメラ設置業者の選び方

業者に防犯カメラの設置を依頼するとき、業者選びが重要になってきます。防犯カメラ設置の業者を選ぶ際に意識しておきたいポイントがいくつかあります。

まず抑えておきたいのが、防犯設備士の資格を持っているのかという点です。

防犯設備士の資格を持っていれば、防犯の専門家としての知識を活かして、要望にあった防犯カメラの設置をしてもらえる可能性が高くなります。ほかにも、実績の多さや対応が丁寧であるかどうか、料金は妥当であるかなどを確認しておくとよいでしょう。

まとめ

学校に防犯カメラを設置することで、さまざまな犯罪を防げる可能性が高くなります。不審者の侵入や学校内での窃盗などを未然に防ぐ抑止力にもなります。

校外であっても、駐輪場やプールなどに適切に配置することで、自転車へのイタズラやプールへの不法侵入を証拠として残すことが可能です。

しかし、防犯カメラを誤った場所に設置してしまうと、効果が十分に発揮できないばかりか、生徒や保護者が不快に感じてしまうおそれもあります。

もし録画データなどを個人的な理由で最悪の場合、プライバシーの侵害として保護者とトラブルになってしまうことも考えられるでしょう。そのため、防犯カメラの設置は業者に依頼するのがおすすめです。

業者であれば、防犯カメラの効果を最大限に発揮できるように、目的にあった種類のカメラを適切な場所に設置してもらえるでしょう。ぜひ、防犯カメラの設置を検討されている方は業者に相談してみてはいかがでしょうか。

0120-949-953 0120-558-537
防犯カメラ設置110番のサービス料金
  • 防犯カメラ設置プラン

    89,800円〜

    詳しくみる
  • オーダープラン

    無料お見積り

    詳しくみる
  • 無料現地調査を行います
※対応エリア加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。