防犯カメラ設置110番 トップページ > 最新情報・レポート > カラオケ店の監視カメラの役割とは?店とお客さんの安心をカメラが守る!

最新情報・レポート

防犯カメラ設置に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。

カラオケ店の監視カメラの役割とは?店とお客さんの安心をカメラが守る!

カラオケ店の監視カメラの役割とは?店とお客の安心をカメラが守る!

 

近年、カラオケボックス内での事件が増えています。カラオケボックス内での傷害事件や、立てこもり事件などが発生しています。カラオケボックスに監視カメラがついていたら、それらの事件を未然に防ぐことができたのかもしれません。そもそも全国のカラオケボックスでは、どれほど監視カメラが設置されているのでしょうか。

 

今回は、カラオケ店の監視カメラの現状と設置するメリットについてお話しします。

 

 

すべてのカラオケ店で監視カメラは設置されているの?

監視カメラは導入に多大なコストをともなうので、そう簡単につけられるものではありません。なので、すべてのカラオケ店で必ずしも設置されているわけではないのです。

 

実際には、ドアのガラスを広くして店員さんが巡回して見回りをおこなうだけのシステムだったり、一部の部屋にだけ監視カメラを取りつけたりしています。場合によっては、カメラを設置しているように見せかけてダミーのものをつけているなど、その例はさまざまです。すべての個室に監視カメラを設置している店舗は、全国的には少ないでしょう。

 

そんな高コストで、なおかつすべての店舗が導入しているわけではない監視カメラは、本当に必要なのでしょうか。

 

カラオケ店に監視カメラはつけたほうがよい?

カラオケ店に監視カメラはつけたほうがよい?

 

やはり、カラオケ店には監視カメラを設置することをおすすめします。カラオケ店の入口や廊下には、多くの場合すでに防犯カメラがあるので、なんらかの問題があったときには確認をすることができます。そこで、さらに監視カメラを導入することによって、より強い犯罪の抑止力になるのです。

 

ここで「防犯カメラと監視カメラの違いってなんだ?」と思った方もいるかもしれません。その違いをご説明いたします。

 

防犯カメラとは違う監視カメラ

防犯カメラと監視カメラは、本当は同じもので言い方が違うだけと勘違いされていることも多いですが、このふたつは同じものではありません。防犯カメラは、犯罪行為があったときに事実確認をするために録画しているものです。

 

それに対して監視カメラは、犯罪防止のためにリアルタイムでモニターに映像を届けているものです。つまり、犯罪のあとで確認するものが防犯カメラで、スタッフが常に確認しているのが監視カメラであるといえます。

 

監視カメラをつける理由

そんな監視カメラを、なぜカラオケボックスに導入する必要があるのでしょうか。大きな理由は、やはり犯罪の防止です。

 

カラオケボックスは個室ということもあり、さまざまなトラブルの温床になることが多いです。監視カメラには、それを防止する力があります。そもそも監視カメラがあれば、だれも悪質な行為を起こそうとは思わないでしょう。もし起こそうとした場合でも、モニターを見た人物がすぐに気づき、止めることができます。

 

また、カラオケ店のなかには、飲食物の持ち込みを禁止しているお店もあります。もしお客さんが、飲食物の持ち込みのような規約違反をおこなった場合でも、監視カメラがあればそれを発見して止めることができるでしょう。

 

カラオケ店に設置する監視カメラはどんな種類がある?

監視カメラは、近年さまざまなタイプのものが作られています。ここで主なカメラの種類をまとめておきましょう。

 

ドーム型

飲食店などのサービス業の店舗で見かけることが多いタイプです。カメラらしくない形をしているため、見た目から圧迫感を与えません。ちなみに、カラオケボックスに設置してあるものはほとんどドーム型です。1台で広範囲を映すことができるので、重宝されているのです。

 

ボックス型

「監視カメラ」と聞いて、多くの方が想像するのがこの形ではないでしょうか。本体の存在感がとてもあり、屋外に取りつけられていることが多いです。視野が固定されていて、ズーム機能しかついていないものが多いため、死角が生まれやすいことが短所だといわれています。

 

小型

いわゆる「隠しカメラ」のようなタイプを指します。とても小さいため、ハンガーフックやペンなどのさまざまな生活用品にまぎれさせて設置することができます。しかし、カメラとしての性能は他と比べて高くないといわれています。

 

カラオケ店に設置する監視カメラの選び方ポイント

カラオケ店に設置する監視カメラの選び方ポイント

 

監視カメラは、お店の安全性を左右する大切な要素のひとつです。さまざまなポイントを確認してじっくりと決めましょう。

 

録画時間

カラオケ店は24時間365日営業し続けている店舗が多いです。そのため、モニターに映した監視カメラの映像に異常がないか、スタッフが常に確認する必要があります。監視カメラは録画機能がついていないものが多く、基本的にはモニターで確認するためのカメラなのです。

 

とはいえ、スタッフが一瞬たりとも目を離さないことは難しいですし、トラブルが起きたときには証拠映像が解決の助けになってくれるでしょう。そのため、可能であれば録画機能つき監視カメラを導入することをおすすめします。

 

録画機能つき監視カメラの録画時間は、搭載しているメモリの容量によって違います。また、画質などの設定によっても変わりますが、目安としては2TBで7日間記録できるといわれています。

 

画素数

お客さんが規約違反をしていないか、本当にトラブルに巻き込まれていないか確認するためにも、画素数はできるだけ高いものを選びましょう。画素数が低くて判別がつかず、トラブルが起こっていると勘違いして止めに入ろうとして、お客さんの楽しんでいるところを邪魔してはいけないでしょう。

 

撮影範囲(画角)

撮影できる範囲も大切な要素です。カラオケボックスは、さまざまな構造・サイズの部屋があります。小さな部屋と大きな部屋で同じカメラの設備だと、少なからず死角が生まれてしまうでしょう。

 

大きな部屋には、大きなカメラを設置して対応しましょう。2台設置するのも有効な手段です。

 

暗くても撮影できる

なによりも大切なのが、暗いところでも撮影できるものを選ぶことです。カラオケボックスは基本的に薄暗い空間が多いです。通常の監視カメラだと暗くてなにも映らない、なんてこともあり得ます。そのため、カラオケボックスの監視カメラを選ぶときは暗いところでも映るものを選びましょう。

 

「おさえるポイントが多すぎて、結局どれを買えばいいかわからない……。」と思ってしまう方は、プロに相談してみてはいかがですか。

 

監視カメラを設置したいときはプロにおまかせ

監視カメラを設置することは、そんなに簡単なことではありません。カメラ選びも慎重におこなわなければならないですし、設置作業も大変です。どこに設置したらいいかわからず、カメラの設置に数日も費やしてしまうわけにはいきません。

 

そんなときは監視カメラのプロにまかせましょう。プロに依頼をすれば、カラオケボックスに適したカメラ選びから設置までを徹底してこなしてくれます。時間を選ばずに対応してくれる業者であれば、トラブルが急に増えてカメラが必要になった場合も安心です。

 

まとめ

今回は、カラオケボックスの監視カメラについてお話ししました。見かける機会の増えた監視カメラについて、今でも日本では「プライバシーの侵害」や「見られている感じがして気持ち悪い」との声が出ているようです。

 

しかし、我々の生活が監視カメラによって守られているのも事実です。もしカメラが街に設置されていなかったら、今よりさらに犯罪が増えていたかもしれません。カラオケボックスでの犯罪やトラブルを未然に防ぐためにも、この機会に監視カメラを導入してみてはいかがでしょうか。

0120-949-953 0120-558-537

利用規約 プライバシーポリシー

防犯カメラ設置110番のサービス料金
  • 防犯カメラ設置プラン

    89,800円〜

    詳しくみる
  • オーダープラン

    無料お見積り

    詳しくみる
  • 無料現地調査を行います
※対応エリア加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。