防犯カメラ設置110番 トップページ > 最新情報・レポート > 暗闇でも撮れる防犯カメラは2種類!車のナンバーや人相まで映す方法

最新情報・レポート

防犯カメラ設置に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。

暗闇でも撮れる防犯カメラは2種類!車のナンバーや人相まで映す方法

暗闇でも撮れる防犯カメラは2種類!車のナンバーや人相まで映す方法

 

防犯カメラの設置を検討しているとき、「防犯カメラは夜間でもきちんと撮影することができるのか」と気になる人もいるのではないでしょうか。

 

すでに何らかの被害に遭っている方はもちろん、被害を未然に防ぎたい方にとっても、きちんと求める役割を果たしてくれる防犯カメラを選ぶことが重要です。

 

最近の防犯カメラは機能の向上もあり、暗闇でも鮮明に人物を撮影することが可能です。今回は、暗闇でも撮影できる防犯カメラについて詳しくご紹介していきます。防犯カメラにもたくさんの種類があるため、迷ったときや困ったときの参考にしてみてください。

 

 

【微光監視型】暗闇でも撮れる防犯カメラ

微光監視型カメラは、豆電球程度の明かりがあれば暗い場所でも撮影が可能な防犯カメラです。完全な暗闇では撮影をすることはできませんが、少しの光源さえあれば映像を鮮明に撮ることができます。

 

また、普通の防犯カメラは暗いところで撮影すると基本的に白黒で撮影されますが、微光監視型の防犯カメラはカラーで撮影することができるのも特徴です。小さな光源があるところなら、カラー撮影が犯人の特定をさらに容易にすることでしょう。

 

【赤外線暗視型】暗闇でも撮れる防犯カメラ

【赤外線暗視型】暗闇でも撮れる防犯カメラ

 

赤外線暗視型の防犯カメラは、赤外線を使って暗闇でも画質を下げずに撮影することが可能です。完全な暗闇でも撮影することが可能なので、事務所、駐車場、ガレージや倉庫などの防犯の必須アイテムになっています。

 

しかし、赤外線を使っている間は撮影される映像が白黒となりますので注意が必要です。もちろん昼間の明るい時間帯には赤外線はオフになり、カラーで撮影することができます。

 

その他にもオススメしたい!暗闇で活躍する2つの防犯カメラ!

微光監視型や赤外線暗視型の防犯カメラ以外にも、暗闇を撮影することができるカメラがあります。今回は、その中でもとくにおすすめの防犯カメラをいくつかご紹介します。

 

防犯灯付きカメラ

防犯灯付きカメラとは「防犯灯」、いわゆるLEDランプがカメラについており、街灯や光源としての機能をあわせ持つ防犯カメラです。夜間にもLEDランプが点灯しているので、不審者の侵入を防ぐ効果が期待できます。

 

防犯灯付きカメラは、スーパーなどの店舗、住宅や街灯の少ない場所に向いているでしょう。また、防犯灯の光を利用して光源を獲得しやすいので、より画質のよい映像を撮影することが可能です。

 

人感センサー付きカメラ

人感センサー付きカメラはその名のとおり、人がセンサーにひっかかるとセンサーライトが点灯し、不審者の侵入を妨げる防犯カメラです。暗闇で急にライトが光ることによって、不審者の存在に気づきやすくなります。

 

人感センサー付きカメラには、片手で握れるほどコンパクトなサイズの製品もありますので、さまざまな場所に設置することが可能です。住宅の玄関先や駐車場への設置に適しており、照明代わりとしても使うことができます。

 

注意点としては、犬、猫や鳥などの動物にもセンサーが反応してしまう可能性があり、誤認につながりやすいことです。設置の際にはセンサーライトの感知部分の調整が必要となります。

 

防犯カメラの効果をさらに上げるには?

防犯カメラの効果をさらに上げるには?

 

ここまでさまざまな種類の防犯カメラを紹介してきました。しかし、便利な防犯カメラを設置したとしても、カメラのパフォーマンスを活かせなければ意味がありません。そこで次に、防犯カメラを設置した場合にさらに効果を上げるための方法をまとめていきます。

 

録画用HDDの容量を増やす

実際に空き巣などの被害にあった場合でも、防犯カメラの録画容量がいっぱいで犯行の瞬間が記録されていなければ、せっかく防犯カメラを設置した意味がありません。

 

防犯カメラの空き容量を確保するには、定期的に録画用HDDのデータを整理するか、新しい録画用HDDを接続することが必要です。

 

また、販売されている防犯カメラ専用の録画用HDDを利用するのもよいかもしれません。人の姿を感知したときだけ撮影し録画する「人感センサー機能」がついたものなどがあり、人がいないときの映像を無駄に録画する必要がなくなります。

 

防犯装置設置マークを貼る

販売されている防犯装置設置マークをご自宅、店舗やオフィスに貼ることで、防犯カメラの効果をさらに上げることが可能です。防犯装置設置マークは、防犯カメラよりも不審者の目にとまりやすい場所へ貼ることができるので、不法侵入や盗難などの犯罪を未然に防ぐ効果が期待できます。

 

防犯装置設置マークや防犯カメラステッカーは安価で購入することができるので、費用面でも気軽にできる防犯対策です。

 

センサー付き照明を設置

センサー付き照明は、防犯カメラとあわせて自宅の周りや店舗の屋外などに設置することで防犯能力の向上を見込むことができます。具体的には、人が近づいたときに照明が点灯することで、先ほど触れた「人感センサー付きカメラ」と同様の効果を期待することができるのです。

 

センサー付き照明の中には、タイマーを設定することで自分の都合のよい時間帯に点灯することができるものもあります。

 

まとめ

最近の防犯カメラは、肉眼では何もみえない暗闇でも撮影ができるほど機能が向上しています。暗闇でもカラーで撮影ができる微光監視型や、完全な暗闇でも撮影することができる赤外線暗視型など、使用する場所や目的にあわせて最適な製品を探すことができます。

 

今回、暗闇でも使うことができる防犯カメラについてご紹介しましたが、防犯カメラの機能を最大限に活かすためには、防犯カメラの種類、機種選び、設置場所や設置台数など多くの知識が必要です。

 

そのため、自分ではどうしても防犯カメラのパフォーマンスを活かすことができないときや、適切な設置ができないこともあります。もちろん自信のある方なら自分で防犯カメラを設置するのもよいですが、自分では設置するのが難しいと思う方は、防犯カメラの設置を業者に依頼することも可能です。

 

今回の記事を参考にして、ぜひご自身に最適な防犯カメラを設置してみてください。

0120-949-953 0120-558-537

利用規約 プライバシーポリシー

防犯カメラ設置110番のサービス料金
  • 防犯カメラ設置プラン

    89,800円〜

    詳しくみる
  • オーダープラン

    無料お見積り

    詳しくみる
  • 無料現地調査を行います
※対応エリア加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。