防犯カメラ設置110番 トップページ > 最新情報・レポート > スマホを防犯カメラにできる?スマホで自宅の監視も可能に!

最新情報・レポート

防犯カメラ設置に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。

スマホを防犯カメラにできる?スマホで自宅の監視も可能に!

スマホを防犯カメラにできる?スマホで自宅の監視も可能に!

スマホを防犯カメラにしたり、スマホで防犯カメラの監視ができることをご存知ですか?最近ではさまざまな機械の機能性が特化しており、便利な時代になっています。今まで防犯カメラは専用のカメラを設置して、録画の映像を見るというのが主流でした。しかし、使わなくなったスマホを防犯カメラにしたり、どこにいても防犯カメラの映像を監視することができるようになったのです。

防犯カメラは自宅の防犯対策はもちろんですが、子供やペットを留守番させるときに監視するなどの用途でも使用されることが多くなっています。

防犯カメラの設置を考えている方や、防犯カメラの映像をスマホで見たいという方は、この記事を読むことで、実践することができます。

 

 

スマホが防犯カメラとして使える

使わなくなったスマホを防犯カメラとして再利用すると、専用の防犯カメラを購入する必要がありません。使わなくなったものを有効活用しつつ、防犯対策もできるのです。手軽で安く防犯カメラを手に入れる方法といえます。

ここからは、スマホを防犯カメラとして使用するためには、どうすればいいのか?をメリット・デメリットと一緒に紹介したいと思います。

 

どんな仕組みになってるの?

スマホにはカメラやWi-Fiがあります。それらを利用することで映像を撮影し監視することができるのです。

カメラやWi-Fiに加えて、ネットワークに接続するための機能がついていれば完璧です。

本来防犯カメラは「LANケーブル」に接続する必要がありますが、スマホにLANケーブルを接続することはできません。そのため、無線LANに接続する必要があります。防犯カメラを接利する場所がインターネット環境であれば、映像を送信することが可能になるのです。自宅以外の遠隔からの監視も可能になります。

上記のような条件がそろっていれば、スマホを防犯カメラにすることができるでしょう。

設置方法も簡単で、アプリをダウンロードして設定をするだけです。無料のアプリで防犯カメラの役割をしてくれるものがあるので、自分の用途に合ったアプリをダウンロードするといいでしょう。しかし、有料のアプリもあります。有料のものを使用すると、専用の防犯カメラを設置する場合とコストが同じくらいになってしまうので注意しましょう。

 

メリットやデメリット

∇メリット

使わなくなったスマホを活用するので、無料のアプリを使用すれば既存の設備しか必要ありません。追加で必要なものは、Wi-Fiのみです。すでにWi-Fiがつながっている場合は、なにも用意するものはありません。また、インターネットの環境があれば、遠隔から自宅の様子を監視することも可能です。

 

∇デメリット

スマホのカメラには角度の限度があることです。特定の範囲しか監視することができませんし、ズームをすることも不可能でしょう。そのため、少しの範囲を監視したい場合や、気軽に設置したいという場合に使用するといいかもしれません。

 

スマホは防犯カメラの役割をするだけでなく、監視することもできるのです。下記にてスマホで防犯カメラを監視する方法について詳しく解説していきます。

 

スマホで防犯カメラの監視ができる

スマホで防犯カメラの監視ができる

 

スマホを使って防犯カメラの映像をリアルタイムで見ることができます。最近では、パソコンを起動させるのがめんどうという方も多くみられます。パソコンのデータを送って確認するなどの手間をかけることなく簡単にスマホで確認することができるのです。

 

どこにいても映像を見ることができる

スマホに無料アプリをダウンロードするだけで、自宅の様子をどこにいてもリアルタイムで監視できます。

 

メリットやデメリット

∇メリット

なんといってもリアルタイムで監視できることです。監視カメラを設置している場所の状況をこまめに確認することが可能になります。映像に不審な人物がいる場合には、すぐに警察に連絡するなどの対策ができるでしょう。その現場に家族が立ち会わせないように、家族に連絡をして被害を受けないように手配もできます。

 

∇デメリット

デメリットは、スマホの容量や電池が減ってしまうことです。映像を見るために必要な容量は大きくなってしまいますし、使用時間が長いと電池も減っていってしまいます。

 

カメラが専用のシステムで管理できる時代に…

今までは、ビデオテープなどで録画することが主流でした。しかし、ビデオテープの保存が可能な時間は少ないため、映像の管理をすることが大変だったのです。そのため、自宅に救数のカメラを設置する場合も不便でした。また、ディスプレイとカメラが接続されていると、それぞれ1台ずつ用意しなくてはいけません。最近では、複数の映像を1台のディスプレイで見ることができるようになりました。

 

防犯カメラの設置は業者に任せることもできます!

防犯カメラの設置は業者に任せることもできます!

 

上記では、スマホを防犯カメラにする方法を紹介しました。しかし、スマホのカメラは映像に収まる範囲の限界があります。そのため、専用の防犯カメラを設置したいと検討されている方もいるかもしれません。ここでは、通常の防犯カメラの設置を検討されている方に向けて、業者に依頼したときの費用などを紹介していきます。防犯カメラを設置したいと考えている方の中には、自分で設置するのは不安という方もいるのではないでしょうか。防犯カメラの設置は、業者に依頼することもできます。業者は様々な道具や知識をもっているので、自分で行うよりも安心安全です。

 

費用の計算方法

基本的に防犯カメラを設置するときにかかる費用は、本体価格と業者の作業費です。防犯カメラの価格や業者を決定することで、費用を明確にすることができます。業者によって作業費は異なるので注意しましょう。

 

業者の選び方

防犯カメラを設置してくれる業者は数多く存在しているので、どの業者に依頼するか悩んでしまいます。これから防犯の対策として使用していくものなので、正確に設置してもらいたいものです。技術や対応態度のいい業者を選びましょう。

業者を選ぶときのポイントを紹介するので、参考にしてみてください。

 

☑質問や相談に親身に答えてくれる

こちらが投げかけた質問や相談に、丁寧に親切に対応してくれる業者を選びましょう。相談内容や希望条件を無視して契約を誘導してくる業者には注意してください。

 

☑会社の所在がはっきりしている

事前に業者について調べておくことはとても大切です。業者のホームページを見て情報がほかのサイトと間違っていないかなどの確認をしておきましょう。電話番号や住所などをチェックしておくと安全です。

 

☑見積りを依頼する

業者に依頼するとなると、気になるのが費用です。上記でも紹介しましたが、業者によって費用は異なります。費用を明確にするためには、実際にその業者に依頼したときにかかる費用を見積もってもらうことが1番早いです。また、複数の業者に見積りをしてもらうことで、比較することもできます。条件や費用を参考にして比較しましょう。

 

まとめ

この記事では、スマホは防犯カメラにも便利に導入できることを紹介しました。使用しなくなったスマホを防犯カメラにしたり、スマホで防犯カメラの管理をリアルタイムで監視することもできる時代になっているのです。使用しなくなったスマホを使うので、防犯カメラを購入するよりも費用を落とすことができます。

子供が留守をしているときなどの監視も、どこにいてもリアルタイムでできるので安心です。接続方法も簡単なので、実践してみてはいかがでしょうか。

しかし、スマホのカメラは映像に収まる範囲があります。しっかりと防犯対策をしたい場合は、専用の防犯カメラを設置するといいかもしれません。防犯カメラの設置は、業者の人がおこなってくれます。不安な方は、業者に依頼すると安心です。

防犯カメラ設置110番のサービス料金
  • 防犯カメラ設置プラン

    90,000円〜

    詳しくみる
  • オーダープラン

    無料お見積り

    詳しくみる
  • 無料現地調査