防犯カメラ設置110番 トップページ > 最新情報・レポート > 監視カメラを屋外に設置するときの選び方!設置する際の注意点

最新情報・レポート

防犯カメラ設置に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。

監視カメラを屋外に設置するときの選び方!設置する際の注意点

監視カメラを屋外に設置するときの選び方や種類!設置する際の注意点

防犯のために屋外に監視カメラを設置する方が増えています。ゴミを荒らされるなどの原因をつきとめたいなどと事情はさまざまですが、監視カメラを設置することで安心して生活できるでしょう。 最近では優れた機能の商品が増え防犯対策にも特化しているのです。

しかし、監視カメラを設置するうえでトラブルが発生してしまう可能性があります。この記事では、監視カメラを設置するにあったて知っておいた方がいいことを紹介していきます。また、監視カメラの機能や選び方も解説しますので、監視カメラの設置を検討されている方に参考なるのではないでしょうか。

屋外に設置する監視カメラの選び方や種類

監視カメラを屋外に設置するときに、どのようなカメラを設置するか悩んでしまいます。安心できるカメラの種類や選び方のポイントをご紹介します。

☑防水機能の有無

屋外に設置するのですから、雨や雪など天候の被害を受けるかもしれません。屋根の範囲が広いなどと全く被害を受けない場合は重視する必要はありませんが、強い風が吹くと屋根の下まで雨の勢いが侵入してしまう可能性があります。その際に監視カメラが濡れてしまい故障する可能性があるので、防水のものを選ぶと安心です。

☑撮影範囲の広さ

カメラによって撮影できる範囲は異なります。一般的な範囲のものや360°見渡せるものもあるのです。一角ではなくすべての範囲を見たいという方におすすめです。

☑赤外線センサー

監視したい範囲に人の存在を察知したらモニターが作動する仕組みになっています。人が現れたとき以外は作動しないので、24時間作動しているカメラに比べてコストを抑えることができるのです。また、何も起きていない状態を監視する必要がないので効率的に監視を行うことができます。

☑耐衝撃性カメラ

不審者は防犯カメラの存在に気づいたとき、おそらく壊そうとするでしょう。しかし、衝撃を与えても壊れにくいカメラがあるのです。耐えることのできる限度もありますが、他のカメラと比べて頑丈にできています。上記のように監視カメラにもさまざまな種類や機能があるのです。

カメラの用途に合わせて選ぶといいでしょう。監視カメラを設置する理由を明確にして、設置したい機能を絞っていくと効率よく選べるのではないでしょうか。

監視カメラを設置する際の注意点

監視カメラを設置する際の注意点

監視カメラを設置したことで、トラブルが発生してしまったという方も多くみられます。監視カメラを設置するにあたって、知っておいた方がいいことや注意点があるのです。下記のことに注意し、トラブルを防ぎましょう。

☑ご近所さんへの配慮

監視カメラを設置した際に、カメラの範囲によってはご近所さんの家や行動も映ってしまう可能性があります。もちろん移さないように工夫することが一番ですが、どうしても映ってしまうという可能性があります。その際は、事前にご近所さんに相談しましょう。相談することなく設置すると「なんで言ってくれなかったの」とトラブルになってしまうかもしれません。

☑ガイドラインを確認する

監視カメラを設置することで法に触れることが発生するかもしれません。役所などで監視カメラを設置するときのガイドラインを確認しましょう。ガイドラインとはルールのようなものなので、設置する前に知っておいた方がいいことなどの知識を得ることができます。

監視カメラの設置は自分でできる?

監視カメラは、作業方法や知識を持っていれば自分でも行うことができます。監視カメラ本体や必要な工具や部品を用意し、壁に穴をあけます。配線工事など行って監視カメラ本体を設置すれば完成です。流れだけを見ると簡単だと感じるでしょう。しかし、配線工事などの作業過程が知識のない素人には困難なのです。

配線をひくために配線工事などを行わなくてはいけないケースが多いです。配線工事は、電気工事士の資格を持っているなど知識がないと大変危険です。また、監視カメラは高いところに設置することが多いため、作業中も十分注意しなくてはなりません。脚立などから足を踏み外しケガをしてしまう可能性があります。

作業がうまくはかどらず、長時間の作業になると体にも負担がかかるでしょう。業者に依頼する費用を抑えようと自分で作業しようと考えている方もいるかもしれませんが、同時にリスクもあります。作業するための工具も購入しなくてはなりませんし、何かしらの費用がかかってしまうのです。

体にも負担やリスクのことを考えると、業者に依頼することをおすすめします。業者は、知識を持っているのでできるだけ早く正確に監視カメラを設置してくれるでしょう。

業者の選び方や費用

業者の選び方や費用

監視カメラの設置作業を行っている業者はさまざまあるので、どこの業者に依頼しようか迷ってしまうでしょう。信頼できる業者の見極め方など業者を選ぶときのポイントや、費用を紹介します。

☑業者の選び方

    
  • ・ホームページや口コミを見る
  • ホームページを見ることで業者の雰囲気やおおよその価格基準を知ることができるでしょう。また、口コミは依頼した方がいい点も悪い点も書いていることが多いので、参考になるのではないでしょうか。また、地元の業者でしたら近隣住民の方から情報を集めるといいでしょう。

     

  • ・無料で見積りをしている
  • 監視カメラの設置にかかる費用を無料で現地にて見積もりをしてくれる業者があります。事前に見積もりをしてもらうことで、のちに多額を請求されるというトラブルをなくすことができるかもしれません。また、複数の業者に依頼することで比較することができ、おおよその費用を知ることができます。 しかし、安いという理由だけで決めてしまうのはやめましょう。のちに追加料金がかかってしまう可能性があります。追加料金の有無も確認しておくと安心です。

     

  • ・保証期間の有無
  • 作業後に保証期間を設けている業者に依頼すると安心です。不具合が起きてしまっても保証期間内でしたら、無料で対応してくれるでしょう。

     

  • ・電気工事士の資格を持っている
  • 配線工事を行うケースが多いため、電気工事士の資格を持っている業者に依頼すると安心です。電気工事士の資格は、配線工事を正しく行うことのできる人に与えられます。ホームページなどに電気工事士の資格の有無が書いてあることが多いので、確認してみましょう。

     

    ☑監視カメラの設置費用

    費用は本体の価格や業者の作業費によって異なります。業者によっては現場に出向かうための出張費がかかってしまう場合もあるのです。また、配線工事をする場合は作業費に加えさらに費用がかかってしまいます。本体の価格はやや高価になりますが、配線工事を行う必要のない無線タイプにすることで、費用を抑えることができます。

    しかし、無線の場合カメラと受信側の間に障害になる壁や金属が多いと、無線の電波が弱くなるなどの不具合が起きてしまうこともあります。費用は抑えることができますが、機能性が低下してしまう可能性もあることを理解しておきましょう。費用については、商品や作業内容で異なりますので、業者に見積もりを依頼するといいでしょう。

    まとめ

    監視カメラは、わたしたちの安全を守ってくれるものです。しかし、監視カメラを設置することでトラブルが発生してしまう可能性があります。トラブルにならないためにも、知識を持っておく安心です。費用をできるだけ抑えるためには、用途に合わせて商品を選ぶといいでしょう。機能が優れているほど価格も高くなります。

    そのため、監視カメラを設置する理由を見直し、必要な機能のみがついている商品を選ぶと費用を抑えることができます。自分で監視カメラを設置することも可能ですが、リスクも多いため業者に依頼することをおすすめします。

    防犯カメラ設置110番のサービス料金
    • 防犯カメラ設置プラン

      90,000円〜

      詳しくみる
    • オーダープラン

      無料お見積り

      詳しくみる
    • 無料現地調査