防犯カメラ設置110番 トップページ > 最新情報・レポート > ダミーの防犯カメラの選び方と見破られないコツ

最新情報・レポート

防犯カメラ設置に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。

ダミーの防犯カメラの選び方と見破られないコツ

ダミーの防犯カメラの選び方と見破られないコツ

 

治安が心配されるこのご時世、防犯カメラの設置をお考えの方も多いかと思います。しかし、本物を防犯カメラの死角がないように設置するとなると多額な費用がかかり、メンテナンスや維持費もかかってしまいます。

 

そこで、おすすめしたいのがダミーの防犯カメラです。より本物に近い見た目のものを選ぶことで、撮影機能がないながらも本物に近い防犯効果が期待できます。

 

今回は、このダミーの防犯カメラのメリットとデメリットをご紹介するとともに、よりよいダミーの防犯カメラを選ぶ方法をお伝えします。

 

 

そもそもダミーの防犯カメラって?本物じゃない理由とは

なぜ、ダミーの防犯カメラを設置するのか。ダミーの防犯カメラとはどんなものなのかをご紹介します。

 

まず、防犯カメラは家の中や外などに設置することで、不審者が侵入しないか監視する役目と録画を記録するという役目を持っています。また、防犯カメラが設置してあるということは防犯意識が高い住宅という証になり、泥棒のターゲットになりにくいとされています。

 

これらのことから、防犯カメラは抑止効果と威嚇効果・録画を記録することができるということで設置される方が増えています。

 

しかし、本物の防犯カメラを複数台設置すると、と機材コストがかかってしまいます。しかし、撮影できないものの費用が低コストであるダミー防犯カメラは、抑止効果のみならば十分に効果が期待できます。このような理由から、設置を選ばれているようです。

 

なかには、設置するすべての防犯カメラをダミーの防犯カメラにするのではなく、本物の防犯カメラと併用される方もいます。

 

また、本物の防犯カメラを設置するとなると電源が必要となります。屋外の場合、配線がないと新たに配線する必要があり、その費用もかかってしまいます。そのため、本物の防犯カメラが設置できない場合やコストを抑えたい方が、ダミーの防犯カメラが導入する傾向にあるようです。

 

ダミーの防犯カメラとは、その名の通りに録画機能も撮影機能もついていない偽物の防犯カメラです。価格は数千円から購入でき、ホームセンターやネットなどで入手できます。配線を、費用をかけずにすぐにつけることが可能です。

 

そのため、防犯カメラの設置を考えられている方でコストをかけずに設置したい方や設置する場所に配線がない方にはおすすめです。

 

ダミーの防犯カメラのデメリットも理解しておこう!

防犯カメラの設置場所!効果的な設置方法とは?

 

ダミーの防犯カメラのデメリットとして、2つのポイントがあります。しっかり理解したうえで設置することが重要となります。

 

まず、プロからしたら簡単に気づいてしまうということがあります。ダミーの防犯カメラの中にはLEDランプが点灯するものなどがあります。一見、LEDランプがある方が本物ぽいと思われやすいですが、本物の防犯カメラは点灯するタイプのものは少なく、ついていたとしてもずっと点灯しているというものはありません。

 

そのため、知識を持った人がダミーの防犯カメラを見ればすぐに気づいてしまうでしょう。そうなれば、抑止効果や威嚇効果がなく、侵入を許してしまう結果となりかねません。ダミーの防犯カメラが意味のないお飾りになってしまう可能性があるので、購入時に注意が必要です。

 

次に、ダミーの防犯カメラ録画ができないという点です。ダミーの防犯カメラなので仕方ないことですが、泥棒に侵入されたとしても撮影できないので、犯人の顔を記録できないということがあります。もしものときに、「本物にしたらよかった」と後悔することもあるかもしれません。

 

ダミーの防犯カメラとバレてしまうポイント

ダミーの防犯カメラを導入しても、すぐ見破られてしまうポイントがあります。ダミーカメラを導入する際は、以下のような点を理解しておくとよいでしょう。

 

① 外観が安っぽい

安っぽい外観だと、すぐにバレます。

 

② 配線がつながっていない

配線がつながっていないということはダミーとバレてしまいます。

 

③ LEDライブが点灯している

本物の防犯カメラでは点灯していないものがほとんどです。

 

④ カメラが汚れていない

本物の防犯カメラは通電しており、カメラのレンズに静電気が発生することでレンズが汚れます。そのため、汚れていないとすぐにバレます。

 

⑤ 室内用のカメラが屋外に設置されている

防犯カメラには屋内・屋外用があります。屋内用の多くはドーム型をしている一方で、屋外用は細長い形のものが主体になっています。しかし、それを知らずに設置してしまうと、すぐにバレてしまうでしょう。

 

⑥ 設置場所が不適切なところ

防犯カメラの設置する場所や高さなどからもバレることがあります。カメラが手の届く高さにある場合は偽物と認識されやすいだけではなく、破壊される危険性もあります。

 

ダミーの防犯カメラの選び方

ダミーの防犯カメラの選び方

 

ダミーの防犯カメラだとバレてしまうポイントを知ったうえで、どのような点に特に注意して選ぶとよいのかをご紹介します。

 

① 本体外観を重視して選ぶ

ダミーの防犯カメラには、2つの種類があります。

  • ・ハウジング(防犯カメラを収納するケース)の中に入ったダミーの防犯カメラ
  • ・外観も本物と同じ形のダミーの防犯カメラ
  •  

    ダミーだと気づかれやすいのはやはり外観です。価格によっては安っぽいものも販売されているので、しっかり確認してから購入しましょう。

     

    最近では本物と同じ素材や強度をもったものや配線を使用することで、より本物のように見えるものが販売されています。これらは、プロでも見抜くことが困難であり、高い抑止効果・威嚇効果があるものといえるでしょう。

     

    もし、購入に迷ったらハウジング型を選びましょう。本物の防犯カメラを同じなので、泥棒も判断がつきにくいのでおすすめです。

     

     

    ② ランプの点滅のありのリスクを理解して選ぶ

    ダミーの防犯カメラには、LEDランプが点灯しているものがあります。しかし、本物の防犯カメラは随時点灯しているものはありません。そのため、昼間はあまり目立たなくても夜間ではそのライブがダミーを知らせている状態になります。

     

    泥棒の中には、そのことを知っており、LEDランプが点滅している防犯カメラだということで侵入する人もいます。そのため、LEDランプ点灯するタイプの防犯カメラを選んだときには、侵入されるリスクがあることを理解しておきましょう。

     

    まとめ

    ここまで、ダミーの防犯カメラについてご紹介してきました。ダミーの防犯カメラは、コストをかけずにすぐに設置でき、抑止効果と威嚇効果を得られるメリットがあります。しかし、デメリットもあり、バレてしまったときには全く防犯カメラの役目を果たしません。

     

    そのため、ダミーの防犯カメラの設置をお考えの方は購入するときにしっかり見極めて選ぶことが求められます。より本物に近いものを選ぶようにしましょう。

    防犯カメラ設置110番のサービス料金
    • 防犯カメラ設置プラン

      90,000円〜

      詳しくみる
    • オーダープラン

      無料お見積り

      詳しくみる
    • 無料現地調査