最新情報・レポート

防犯カメラ設置に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。

自宅の監視カメラに関するメリットとデメリットとは?

自宅の監視カメラに関するメリットとデメリットとは?
近年、無線カメラやネットワークカメラが登場してきて、設置費用が安くなってきた自宅用の監視カメラ。自宅の敷地内の車や自転車などの盗難防止や、住宅への侵入防止などがあります。ご近所トラブルや、さまざまな犯罪が多発する現代には、監視カメラが証拠にもなり、重要な役割をはたすでしょう。

また、犯罪の証拠を残すだけでなく、未然に防ぐ効果もあるので多くのご家庭で設置されています。そこで、今回は自宅の監視カメラについてご紹介します。

 

 

 

 

 

自宅に監視カメラを設置するのは防犯対策に有効?


防犯対策として、自宅に監視カメラを設置されているご家庭も増えています。しかし、本当に有効なのか?と疑問に思われている方もいるのではないでしょうか。

家の防犯対策を考える時には、大きく分けて2つのポイントがあります。 それは、「泥棒に入られないようにする抑止効果」「泥棒に入られた後の対策」です。

これを監視カメラに当てはめてみると、自宅の外に付けられた監視カメラは「防犯対策がされていて、容易には侵入できないことを伝える抑止効果」。自宅の中につけられた監視カメラは「侵入してきた泥棒の顔などを映し、家の中での動きを監視」に役立つため有効と十分に言えるでしょう。

中には、監視カメラを設置するのに費用がかかるということで、偽物のカメラを設置される方がいます。そして、そのようなカメラも実際に販売されています。偽物の場合は、 それがばれてしまえば、まったく効果が果たせません。そのため、実物の監視カメラを設置するということが重要となります。

 

 

 

自宅に監視カメラを設置するメリットとデメリット


自宅に監視カメラを設置するメリットとデメリット
自宅に監視カメラを設置することによって、防犯対策には有効となることが分かりました。では、実際に設置したことのメリットとデメリットを詳しくご紹介しましょう。

 

【メリット】

① 住宅の敷地内や自宅の中の状態を把握できる
監視カメラには、録画機能があります。そのため、不在時の家の状況を録画再生するこことで確認ができます。不審者は侵入していないか、不審者が家を狙っていないかなどが分かります。また、監視カメラによっては、カメラの撮影内容を外出先でもパソコンや携帯電話を使用して確認できるものもあります。ペットを飼っているご家庭では、ペットの状態を確認するのにも便利です。

 

② 防犯対策がされている住宅と知らすことができる
監視カメラがあることで、防犯対策をしっかり行っている住宅だと周知させることができます。周知させることで、泥棒が侵入するのを防ぐ効果があります。

 

③ ペットや子供などの見守り機能がある
お子さんやペットの様子がカメラを通じて外出先でも確認することができます。何時に帰宅したのか、今家の中で何をしているのかが分かるので安心です。同時に音声マイクが付いている種類のカメラでは、会話もできます。

 


【デメリット】

① 監視カメラには映せる範囲が決まっている
監視カメラを設置したからといって、全てが映せるわけではありません。外の監視カメラは、主に玄関や駐車場・裏口などに設置される場合が多いです。しかし、その他の窓やカメラの設置が難しい場所はなどでは抑止効果が無いので、そこを泥棒に狙われてしまっては侵入されてしまうでしょう。

家の中でも同じです。全ての部屋を映すためには、監視カメラの数も増えてしまいます。そして、どうしても死角が生まれてしまうため、そこに侵入されてしまえば、犯人を映すことも難しいでしょう。 カメラにはどうしても映せる範囲があることを理解し、設置台数や設置場所を決めることが重要です。

 

② 監視カメラの金額が高い
家の外に設置するカメラは金額が高いものが多く、夜間や顔までもしっかりと映せるカメラを選んだ場合数万もかかる場合があります。 その数万もするカメラを死角がないように、5~6台設置するとなると費用は莫大な金額になってしまいます。そのため、費用と死角の問題とをしっかりと考え、予算にあった防犯対策を行いましょう。

 

 

 

監視カメラを設置するときに気をつけたいこと


●外の監視カメラ用のコンセントが必要

監視カメラには、コンセント式と電池式の2つのタイプがあります。

随時録画しているものであれば、電池がすぐに減るので電池交換が不要のコンセント式にされる方が多いです。しかし、その場合、コンセントが外に必要となります。コンセントが無い場合、別途工事を行うことになり、費用がかかってしまいます。そのため、コンセントが無い場合はその費用も考えて監視カメラを選ぶ必要があります。

 

●しっかりと犯人を映せない場合もある

窃盗犯や泥棒が、素顔のままで犯行を起こすとは考えられません。そのため、たとえ監視カメラに映っていたからといって、犯人逮捕に役立つとは言えないのです。 いつ、どのように、どこに侵入したか。それは把握できますが、誰がという所は難しいことを理解した上で設置しましょう。

 

●もし、自宅にて泥棒と遭遇した場合は対処できない

抑止効果は、あくまでも侵入を辞めるように促すものであって、実際に侵入してくる場合があります。もし、家にいる時に泥棒が侵入してきた場合、対処するのはあなた自身です。警察を呼んだり、助けを呼んだりする必要があります。

 

 

 

自宅に設置するならどれ?監視カメラの種類について


自宅に設置するならどれ?監視カメラの種類について
自宅に監視カメラを設置する場合、監視カメラにはどんな種類があるのでしょうか?性能を知り、ご自身にぴったりの監視カメラを選びましょう。

 

●屋内用監視カメラ

主に、リビングや事務所・お店などの室内に設置されるカメラです。映像は途切れることなくキレイに移すことが可能です。配線は有線となっており、工事が必要です。配線を通す穴が無い場合は、設置できるか確認が必要です。

●屋外用(防滴・防水)監視カメラ

屋外に設置できるカメラです。玄関・駐車場・庭などに設置しておくことで、不審者の侵入を防ぐだけでなく、車や自転車の盗難防止にも効果があります。途切れない安定した撮影が可能で、配線は有線となっているので設置できるかの確認は必要です。

●ワイヤレス監視カメラ

配線を使用せず、無線電波を利用して撮影します。そのため、配線工事は不要で、設置が簡単です。配線が困難な箇所に設置したい場合におすすめのカメラです。しかし、電波状態によって、映像が途切れたり影響が及んだりする場合があります。木造住宅・鉄骨住宅・鉄筋住宅と電波が通しにくくなるので、住宅の構造を確認してから設置します。

●ダミーカメラ

撮影機能はなく、見た目だけのダミーカメラです。価格が安く通電が不要なので、費用を抑えたい人や通電できない箇所に設置したい時におすすめのカメラです。有線・無線と機種によって異なるので、配線できない場合でも使用できます。ダミーだと心配になられる方もいるかと思いますが、すぐに悟られないようにランプが点灯するタイプもあります。また、撮影中というパネルを貼っておくのも効果的です。

●ネットワークカメラ

パソコンや携帯電話を通じて、監視カメラの映像を確認できるカメラです。無線ですので、配線は不要です。しかし、電波状況によっては、映像が途切れる場合もあります。主には、室内に設置されることが多く、ペットや子供の様子を外出先でも確認できるので安心です。

 



監視カメラの種類を踏まえて、監視カメラのデザインを2種類ご紹介します。

●ボックス型

見た目からして、監視カメラだと気づかれやすいカメラです。そんため、抑止効果は高いです。機種によっては、高解像度・高倍率ズームできるものもあります。コンパクトなので、設置もしやすいです。

●ドーム型

照明器具のような形をしており、気づかれにくいカメラです。広角レンズを使用しているので、ボックス型よりも広範囲を撮影できます。ただ、カメラの性能はボックス型よりも落ちるでしょう。1台でより広い範囲、お店や家の雰囲気を壊さずに撮影できます。ご自宅のリビングやお店などにおすすめのカメラです。

 



その他に監視カメラの種類によって搭載されている機能をご紹介します。

●赤外線投光器内蔵カメラ

夜でもしっかり撮影できるカメラです。屋外・屋内問わずに、夜でもしっかりと映像を残しておきたい場合におすすめです。

●バリーフォーカルレンズカメラ

撮影範囲を望遠から広角まで調節できるカメラです。カメラの距離や範囲を調節できるので、カメラ設置の場所から遠い場所を映したい場合も可能です。

●音声マイク内蔵カメラ

不審者が侵入した時に、マイクを使用して威嚇することが可能です。

●首ふり機能

主に、ネットワークカメラについている機能です。機種によっては、360℃動くものもあります。ペットやお子さんの移動とともに、カメラを動かして確認ができます。

 

 

 

まとめ


いかがでしたか?今回は、自宅に監視カメラを設置することは、防犯対策となるのかについてメリットとデメリットをご紹介してきました。

監視カメラは、泥棒に侵入をゆるさない抑止効果と侵入した後の形跡や対策に効果を持っています。少しでも、泥棒に狙われているかも?と思われる場合はデメリットも確認したのちに設置されることをおすすめします。そして、監視カメラを設置される場合には、どこに・どのようなカメラを設置するかが重要なポイントとなります。

防犯カメラ設置110番のサービス料金
  • 防犯カメラ設置プラン

    90,000円〜

    詳しくみる
  • オーダープラン

    無料お見積り

    詳しくみる
  • 無料現地調査
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0120-949-953

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

上枠

CM

下枠

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-953

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない
 場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-949-953
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼