防犯カメラ設置110番 トップページ > 最新情報・レポート > マンションに防犯カメラを設置するメリット

最新情報・レポート

防犯カメラ設置に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。

マンションに防犯カメラを設置するメリット

マンションに防犯カメラを設置するメリット

 

マンションに防犯カメラを設置することで犯罪を未然に防ぎ、安心して暮らすことのできる環境を作ることができるでしょう。犯罪やトラブルが起きた際には有力な証拠を得ることもできます。
しかしどこに設置するのが効果的なのか、種類はどのようなものがあるのかなどの疑問点もあるのではないでしょうか?

今回は防犯カメラを設置するメリットや効果的な設置場所をご紹介します。設置場所やカメラの種類や特徴を理解することで目的に適したものを選ぶことができるでしょう。設置する際の注意点もいくつかあるので気を付けてください。

 

 

マンションに防犯カメラを設置するメリット

防犯カメラを設置することで犯罪やトラブルを未然に防ぐことができます。空き巣はいかに仕事を安全にこなせるかに気を使います。そのため犯行に及んだ証拠が残るような物件は避ける傾向にあるのです。
防犯カメラが設置してあるマンションは空き巣にとって危険な物件です。悪徳セールスも同様に、自分の行動を記録されるのを避けるため防犯カメラを設置しておくことでこのような被害を未然に予防することができます。

犯罪や事故が起きてしまった場合でも、カメラで撮影された映像が貴重な証拠になることがあります。カメラに不審者の姿が映ることで、写真付きの文書で居住者に注意喚起をおこなうこともできます。写真があることでより詳しく情報の共有が可能です。

防犯対策だけでなく住民のマナーの向上にも繋がることもあります。防犯カメラをゴミ捨て場などに設置しておくことで、ポイ捨てやゴミ出しのマナー違反を減らすことができるでしょう。



マンションでの効果的な設置場所

マンションでの効果的な設置場所

マンションにカメラを設置する際は、設置場所にも気を使うと良いです。それぞれ適した場所に設置することで、効果をより得ることができます。設置場所はいくつかあるため、場所とそれぞれの役割をご紹介します。


・マンションの出入り口

エントランス前にある屋外の出入り口に防犯カメラを設置することで、高い威嚇効果を得ることができます。目立つ場所に設置することで犯罪者にカメラの存在を知らせ、犯罪を未然に防ぐことができるでしょう。

・エレベーターの中

近年ではエレベーター内での密室犯罪も増加傾向にあります。最近では中の様子が分かるようドームカメラを設置し、エレベーター前でモニタリングすることができるようになりました。エレベーターの中に設置することで犯罪を防ぎ、トラブルが起きた場合には証拠映像の残すことができます。

・駐車場

駐車場への侵入経路が決まっている場合は、出入りする車を正面から写し、ナンバーを特定できるようにすると良いです。駐車場全体を写すことのできるカメラの設置も効果があります。駐車場に設置しておくことで、車上荒らしや盗難対策になるでしょう。

・通用口

空き巣は正面玄関だけでなく、駐車場と繋がっている勝手口や非常階段から侵入することがあります。オートロックであっても柵を乗り越えることで侵入を許してしまうことでしょう。正面から撮れるようカメラを設置することで相手を威嚇し、侵入を未然に防ぐことができます。

・駐輪場

駐輪場に防犯カメラを設置しておくことで自転車の盗難対策になります。不要自転車の不法投棄を抑止することも可能です。侵入経路が限定されている場合は、正面から移るようにすると効果的です。



防犯カメラにも種類がある

防犯カメラにはいくつか種類があり、それぞれ特徴が異なります。設置する目的によって使い分けることができるので、理解しておきましょう。


・ドームカメラ

エレベーターでの痴漢行為や、待ち伏せ強盗の抑止を目的としたカメラです。エレベーター内のモニターによって、目的階のホールとエレベーター内の様子を見ることができます。外部のモニターからエレベーター内の確認をすることも可能です。

・スーパーデイナイトカメラ

屋外用のハウジング、レンズ、カメラが一体型になったものです。昼間などの明るい時間にはカラー映像で撮影され、暗くなると白黒に自動的に切り替わります。夜間時に暗くなる駐車場や駐輪場などに設置すると効果的です。明かりのない場所でも内蔵されている赤外線照明が照射されることにより、24時間確認することができます。電子感度アップ機能と呼ばれる、動きのある被写体に残像が生じる機能と組み合わせることでより鮮明な映像の撮影が可能です。

・スーパーデイナイトカプセルカメラ

威圧感を減らし、美観性を損なわない形状の防犯カメラです。エントランス部の出入り口など、明暗の差が激しい場所でも映像を確認できるのが特徴です。逆光により撮影が困難な場所に適しています。



設置する際の注意点

設置する際の注意点

防犯カメラを設置することで防犯性の向上などのメリットを得ることができます。しかし、注意点もいくつかあるので気を付けなくてはいけません。

防犯カメラはあらゆる環境に対応するために様々なタイプがあります。防犯カメラを設置する際には、導入先を明確にしておくことが重要です。
防犯カメラは厳しい環境に強くなるほど製造コストがかかるため、屋内用と屋外用の違いでも価格帯が変わってきます。設置する場所を明確にしておくことで目的に合ったカメラを設置することができ、コストを必要な分のみに抑えることができるでしょう。

メンテナンスの行いやすい場所に設置することも重要です。防犯カメラは定期的なメンテナンスをしなければ故障率が上がってしまいます。メンテナンスへの配慮をおこなうことで、急なトラブルが起きた場合でも対応しやすくなるでしょう。
ケーブルの不良や、ケーブルを通した場所が入り組んでいる場合の交換作業は難しいです。作業も数日かかり、修理費も高額になるケースがあります。導入後の対応を意識しておくことで労力やコストを抑えることができます。

プライバシー保護についての問題にも注意しなくてはいけません。防犯カメラに関する法律や条例は日本にはないため、どこまでプライバシーに気を付ける必要があるのかが明確に決まっていません。

マンションの場合は専有部分や共有部分、公共の場所は問題ないと言われています。しかし、入居者のベランダや室内が映ってしまう場所に設置するのは避けた方が良いでしょう。
共用部に設置したにも関わらず、必然的に専有部分が撮影範囲に入ってしまう場合にはカメラの「プライバシーマスキング」という機能で映したくない場所を塗りつぶすようにしてください。



まとめ

防犯カメラを設置することでいくつかのメリットを得ることができます。安心した暮らしを送るためには防犯カメラの設置は効果的と言えるでしょう。

設置場所にも気を使うことでより効果を得ることができます。防犯カメラにはいくつかの種類があり、それぞれ特徴が異なります。違いを理解しておくことで自分の目的に合った防犯カメラを選ぶことができるでしょう。設置する場所にも注意することで、トラブルを未然に防ぐことが可能です。

防犯カメラ設置110番のサービス料金
  • 防犯カメラ設置プラン

    90,000円〜

    詳しくみる
  • オーダープラン

    無料お見積り

    詳しくみる
  • 無料現地調査