防犯カメラ設置110番 トップページ > 最新情報・レポート > 初めて選ぶ方必見!家庭用防犯カメラの選び方

最新情報・レポート

防犯カメラ設置に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。

初めて選ぶ方必見!家庭用防犯カメラの選び方

初めて選ぶ方必見!家庭用防犯カメラの選び方

 

防犯カメラには、家庭で使うことのできるものがあると言うのをご存じでしょうか?防犯カメラを家庭に設置することで、犯罪に巻き込まれたときに、証拠を記録しておくことができます。防犯カメラがあるだけで、犯罪を未然に防ぐことも可能です。防犯カメラは室外に設置するだけでなく、室内に設置することもできます。防犯カメラにはいくつかの種類があるため、設置する目的や撮影したい場所によって使い分けなければいけません。今回は防犯カメラを家庭用として利用する際のポイントをご紹介いたします。



家庭で防犯カメラを設置するメリット

家庭で使えるカメラは2種類

 

ご家庭に監視カメラを設置することで、犯罪に巻き込まれたときに犯人の証拠を記録することができます。自宅が空き巣や強盗などの被害に遭った場合、カメラの映像から犯人の情報を得ることができるため、犯人逮捕の決定的な証拠を得ることができる可能性があります。この他にも、車上荒らし・不法投棄・不審者・ストーカー被害・交通事故・悪徳商法など、様々な事件に巻き込まれた場合でも記録として残すことができます。


防犯カメラを設置することで、犯罪を抑止すること効果もあります。カメラが設置されているだけで、映像が証拠になる可能性があるため、犯罪を未然に防ぐことも可能です。詐欺師や悪徳セールスマンは、顔や手口を記録されることを嫌がるため、カメラのある家を避ける傾向があります。防犯カメラは、空き巣や強盗以外のさまざまな犯罪からも私たちを守ってくれるのです。


防犯カメラには、防犯対策以外にも役割があります。自宅内に設置しておくことで、お子様やペットなどの様子を随時確認することができます。心配事がある場合でも安心して外出することができるようになるでしょう。


家庭で使えるカメラは2種類

家庭で使えるカメラは主に2種類に分かれます。それぞれ見ていきましょう。


・防犯カメラ

防犯カメラは犯罪を防ぐために、ご家庭に設置するカメラです。防犯カメラは目立つ場所に設置しているケースが多く、カメラに見られているという意識を相手に持たせます。カメラの形状もいくつかあり、レンズが1方向に向いている「箱型」、ハウジングと呼ばれる塵・ホコリ・雨風から防ぐケースが取り付けられた「ハウジング型」、ドーム型のケースの中にカメラが入っており、主に室内用として使用される「カプセル型」などが存在します。


・ネットワークカメラ

ネットワークカメラはIPカメラとも呼ばれています。インターネットなどのIPネットワークを通して、映像を通信することのできるカメラです。IPネットワークに接続することで、遠隔モニターや遠隔操作、他の機器との連動が可能になります。現在ではネットワークカメラとスマートフォンを連動させることで、外出先から自宅の様子を見ることができるようになりました。防犯対策としてだけでなく、自宅の様子を確認する目的として利用されることが多いです。


防犯カメラを選ぶポイントの基本3つ

防犯カメラを選ぶポイントの基本3つ

 

・カメラを設置する目的

防犯対策を目的としてカメラを設置する場合は、屋外または屋内から外に向けてカメラを設置します。屋外に設置し防犯対策として使用したい場合は、見た目の存在感の強い「ボックス型」を使うことで不審者を威嚇することができます。高解像度・高倍率ズームなどの機能面も豊富です。


屋内に設置したい場合は「ドーム型」がおすすめです。デザインが照明器具のような見た目になっているため、部屋の雰囲気を壊しにくいです。広角レンズを採用しているため、広範囲の監視を行うことができますが、小型カメラを使用しているため撮影性能は多少落ちてしまうことがあります。家の様子を見たい場合には、ネットワークカメラがおすすめです。外出中でも遠隔操作が可能なため、気になる場所を確認することができます。稼働範囲を広いため、全体の様子をチェックすることが可能です。


・カメラを設置する場所と撮影する時間帯

屋外に設置するのであれば、雨や風を直接受けるため防水タイプのものを選ばなくてはいけません。防水タイプではない場合は、ハウジングにカメラを入れて使用してください。本体だけでなく、配線や接続部の防水加工も施されているかを確認しましょう。


朝や昼間に撮影し、防犯対策を行いたい場合には、明るさを気にして選ぶ必要はありません。暗視機能は必要ないですが、屋内で窓がなく暗い場所は例外となるため、対策が必要になります。夜間の場合は、まず夜間時の明るさをチェックしなければいけません。


街灯や月明りでほのかに明るいか、明かりが何もなく真っ暗な環境なのかをチェックしてカメラを選びます。街灯などで明るい場合は、夜間の撮影も可能な赤外線LED付きのものか、デイライト機能付きのものを選びましょう。防犯カメラを24時間使用したいと考えている方は、夜間の使用でも問題ない防犯カメラを選ぶと良いです。


・防犯カメラにかけられる予算

防犯カメラを設置する際に必要なものは、カメラ本体・レコーダー・接続ケーブルの3点です。本体や部品以外にも工事費が必要となるので注意してください。画質の良いAHDカメラは数万円程で購入可能です。レコーダーは接続するカメラの台数によって異なりますが、数十万円程になります。ネットワークカメラの場合は、本体は数万円~程度、レコーダーは十数万円~程度です。工事費はともに約数十万円~となります。


防犯カメラを導入する際には、これら全てをセットとして販売しているものがあります。カメラや録画機材の相性を気にする必要もなく、費用を抑えることが可能です。必要機材やパーツが揃っている場合が多いので、設置工事をスムーズに行うこともできます。


まとめ

防犯カメラを設置しておくことで、犯罪を未然に防ぐことが可能になります。事件に巻き込まれてしまって場合でも、カメラが証拠を映像で撮っているため、犯人逮捕にも役立つでしょう。防犯カメラには室内を撮影することができるタイプもあるため、外出先から自宅の様子を覗くことも可能です。防犯カメラを設置するメリットや、カメラの特徴を把握しておくことで、目的に合ったものを選択することができるでしょう。

防犯カメラ設置110番のサービス料金
  • 防犯カメラ設置プラン

    90,000円〜

    詳しくみる
  • オーダープラン

    無料お見積り

    詳しくみる
  • 無料現地調査