防犯カメラ設置110番 トップページ > 最新情報・レポート > 無線タイプのメリット・デメリット

最新情報・レポート

防犯カメラ設置に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。

無線タイプのメリット・デメリット

防犯カメラを設置する際、“有線”にするか“無線”にするかは大きな悩みどころです。

無線タイプは気軽に設置できることが魅力で、高所でなければ女性でも作業が行えるでしょう。個人による有線カメラの設置もできないわけではありませんが、壁の正確な位置に穴をあける必要が多く、開けなくても配線にひと工夫が必要です。無線タイプはコードがないので見た目もすっきりしますし、何より断線する心配がありません。

しかし、無線タイプには大きな問題があります。従来の独自の機械で受信するタイプは、高画質のデータ転送がおこなえず、カクカクしたものになりがちです。また、建物の壁や材質によってデータを転送できる飛距離が変動します。
最近ではスマートフォンやパソコンなどで受信をおこなえるタイプもあり、高速で高画質な映像を送れるようです。しかし、高画質・高性能であるほど、必要な機器も高価になりがちです。高性能の同クラスカメラを比較した場合、業者に頼むとしてもトータルとしては有線が安くなる場合があります。

監視カメラを選ぶ際は、手間やコストの面だけではなく特徴も把握しておきましょう。 監視カメラについてお困りの方は、一度お問い合わせをしてみてはいかがでしょうか?

防犯カメラ設置110番のサービス料金
  • 防犯カメラ設置プラン

    90,000円〜

    詳しくみる
  • オーダープラン

    無料お見積り

    詳しくみる
  • 無料現地調査